一覧へ戻る

手遊びを学問しよう!

高校1年生 30分間があっという間でした!またききたいなと思いました。
高校2年生 手遊びの楽しさを感じることが出来ました!
高校2年生 すごくたのしく手遊びを学ぶことができました。もっとたくさんのことを学びたいなと興味がもてました!ありがとうございました。
高校2年生 手遊びは子どもたちを楽しませるだけでなく、こんなにもたくさんの力があるのだなと思った。
高校1年生 自分も子どもたちも楽しくできるし、良いなと思いました。
高校1年生 実演形式だったのが、この30分間をより楽しむきっかけだったと思います。話だけでは分からないようなこともさらに理解することができました。
高校2年生 1人で参加したのですが、とても楽しかったです。またこの講義を受けてみたいなと思いました。
高校2年生 手遊びは楽しみながら言葉やコミュニケーションを学ぶことができると知ってそんな効果があったのかと驚きました。
高校1年生 すごくかんたんで夢中になるようなおもしろい手遊びがあることがわかりました。とても楽しい講義でした。
高校2年生 手遊びでも、初めて聞くものが多かったですが、私の中のレパートリーが増えて嬉しかったです。また、先生の講義を受けたいなと思いました。
高校1年生 手遊びは、ただ楽しいだけではなく、色々学ぶことができる。
高校2年生 全然知らない人とも楽しく遊べて良かったです。
高校2年生 実際に、手遊びを体験してみて高校生になった私でもすごく楽しくて子どもたちにも将来、楽しく伝えていけたらいいと思います。ありがとうございました。
高校1年生 赤ちゃんってすごい力をもっているんだなとおもいました!
高校2年生 モデリングが大切であるとがわかりました。
高校2年生 実際に手遊びを体験して、とても分かりやすかった。
高校1年生 園児の気持ちになって考えることが大切だなと思った。
高校1年生 実際に手遊びをすることによって楽しみながら手遊びによって身に付けられる知識や能力を理解することができました。よりこの学問に興味が湧きました。ありがとうございました。
高校1年生 すごく分かりやすくて、保育関係に進むか迷ってた私にとって少し道が見えたような気がした。
高校2年生 先生の授業はとても楽しく、手遊びという身近なコミュニケーションを使って楽しく学べました。
高校2年生 実際に手を使ったりして、楽しくとてもよかったです。
高校2年生 実際に手遊びをしながら講義を受けられたので、とても楽しく、関心も高まりました。
高校1年生 色々な手遊びについて知ることができたし、それによって子供が何を学ぶかということがとても楽しく学ぶことができました。
高校2年生 手遊びはただの遊びではなく明確な目的を持ちながらやるものだった。隣の人と一緒に手遊びできました。
高校1年生 となりの人と組になる等を通して、コミュニケーションの大切さを実感できました。とても楽しかったです。
高校1年生 体験型でたくさんの遊びをしながらアドバイスをしてくださったので自分の将来をしっかりと考えることができました!
高校2年生 とても引き込まれるようなおもしろい講義でした。講義を通して、子どもはどのように学んでいくのかを理解できました。
高校2年生 いろいろな手遊をやってとても楽しかった。手遊びについての遊びながら学ぶことについてよく分かった。
高校2年生 手遊びや歌など、体験ができるもので、すごくよかった。先生も明るい声で話していて楽しかった。
高校2年生 手遊びを実際にやりながら、どのようなことにつながっているのかを学べて、とても楽しかったです!!大切な3つの視点を、実習などで意識し、子どもとコミュニケーションをとりたいと思いました。
高校2年生 手遊びは子どもにとっていろいろなことを学べて、コミュニケーションにもなることがよくわかりました。
高校1年生 手遊びを久しぶりにやってとってもたのしかった。
高校2年生 手遊びにはたくさんの学問がつまっていることがわかりました。心理学の視点、言語学の視点、保育学の視点の3つを忘れないようにしようと思いました。
高校1年生 みんなでやる実せん型の受授だったのがとても楽しかったです。聞いたこともない知らない手遊びも知ることが出来たし、その場でやったので、とても印象に残りました。
高校2年生 手遊びはただ楽しいだけではなくて、人との壁をなくしたりしてコミュニケーションの意味もあったのだと知ることができました。
高校1年生 手遊びの本当の意味がわかった。全然何とも思っていなかったことが実は、人格形成の上で重要ということがわかった。
高校2年生 自分たちで実際にやってみることで理解しやすく、とても楽しかったです。保育士にとって大切にすることがよくわかりました。
高校2年生 子どもは体を使ったり、動いたりすることで言葉を覚えたりコミュニケーションをとることが分かった。一緒にやることができて楽しかったです。
高校2年生 先生のまねをして手遊びをしたり、まわりの人とコミュニケーションをとれて楽しかったです。先生がとても楽しそうにしていて、ひきつけられて自然と笑顔になりました。
高校2年生 普段から、友達に幼いと言われながらリトミックが好きでやっていたので、今日はたくさん手遊びができて本当に楽しかったです。自然とみんなが笑顔になる手遊びの力はすごいと思いました。
高校1年生 手遊びが大切だということを初めて知りました。とても楽しかったです。
高校1年生 楽しかった。手遊びから学んでいくのはすごいと思った。
高校2年生 すごく楽しく、手遊びとかできて、良かったです。
高校1年生 実際に周りの人と遊んでみるのがおもしろかった。
高校2年生 手遊びで知らない人とも仲よくなれて、とっても楽しい講義でした。
高校2年生 手遊びを実際にやりながら様々な視点からみることができてよかったです!楽しみながら学ぶことができました。
高校1年生 実際にやってみて工夫しているなと思った。
高校1年生 講習だけでなく演習をしながらだったから楽しくきくことができた。
高校2年生 手遊びを一緒に体験することができたので、楽しんで講義を聞きくことができました。
高校1年生 実際に手遊びをしてみて学べたのでよかったです。手遊びが子どもの時期に大切であることがわかりました。
高校1年生 自分が小さい頃にやっていたものがどんな勉強になっていたのかがよくわかりました。
高校2年生 実際に隣の人同士で手遊びをするなど、楽しさを知り、様々な場面で手遊びは関われるのだ、ということが分かり、とても良かったです。
高校2年生 明るく楽しい講義をありがとうをございました。保育者になったら、自分も笑顔でがんばろうと思います。
高校2年生 手遊びを実せんしてみて、とても楽しかった。自分の知ってるものもありなつかしかった。
高校1年生 楽しかったです!!コミュニケーションがとれるからすごい便利だなと思った!
高校2年生 幼児が自ら学んでいくような楽しい手遊びが多々あり、いろいろな子に学んでいってほしいものだなと思いました。
高校2年生 みんなで一緒に手遊びをしたりしてとても楽しかったです。となりの人とも話すこともできたし、手遊びや保育についてもとても興味がわきました。
高校1年生 先生が笑顔で歌っているのを見て自然と笑顔になれました。楽しかったです。
高校1年生 初対面の学生の皆と楽しく手遊びできて良かったです。
高校1年生 とても楽しく参加出来ました。見知らぬ人とのコミュニケーションをとることが出来て、良かったです。
高校1年生 さまざまな手遊びを、まわりのみんなとできて、とっても楽しかったです。手遊びは遊びながら子どもたちが学ぶことができるので良いと思いました。
高校1年生 小さい子どもをあやすのは大変だけど、手遊びによってあやせるのはおもしろいと思った。
高校1年生 みんなで楽しく授業が受けられたのでこれを将来にもつなげていきたいです。
高校2年生 実際に手遊びをすることによって子どもが夢中になるように、引きこまれていき感心しました。
高校2年生 “手遊び”から、色々なことが学べるのを知らなかったのでためになりました。久しぶりに手遊びをしてなつかしく思いました。ありがとうございました。
高校2年生 とてもわかりやすく、たのしい授業でした。ありがとうございます!!
高校1年生 実際に手あそびが出来てたのしかったです。将来、教育の道に進みたいので、さらに関心がわきました。
高校2年生 何気なくやっていた保育園の手遊びが実は言語学につながっていたことを知れた。
高校1年生 まわりに男子が少なくてちょっと恥ずかしかったのですがとても面白かったです。
高校1年生 みんなで手遊びをしただけなのに、全く知らなかったとなりの人と仲良くなることができたので、すごいと思いました。
高校2年生 手遊びは自然とえがおになれるものだなと思いました。
高校2年生 子供にとって楽しいメロディーやジェスチャーだと思った。
高校1年生 ユニークで楽しかったです。
高校2年生 歌遊びは、ただ楽しく遊ぶだけでなく心理学、言語学、保育学の視点を学べるということを知れてとてもおもしろかったです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 児童心理学 、
  • 5領域 、
  • 保育 、
  • 乳幼児 、
  • 歌 、
  • 言葉 、
  • 言語学 、
  • 心理学 、
  • 教育 、
  • 子ども 、
  • 手遊び

講義No.g008154

「手遊び」が子どもにとってかけがえのない体験なのは、なぜ?

国内だけで1万種類以上ある手遊び

 「むすんでひらいて」や「ひげじいさん」「大きなくりの木の下で」など、子どもの頃に慣れ親しんだ手遊びを覚えている人も多いことでしょう。こうした歌に合わせて手を動かして遊ぶ「手遊び」は、日本国内だけで1万種類以上あると考えられています。現代版の「わらべうた」とも言える手遊びの背景を学問の視点からひもといていくと、いろいろと興味深いことがわかってきます。

手遊びを覚えるには何が効果的?

 まずは、心理学的な視点から手遊びについて考えてみましょう。現代の人々は手遊びをどのようにして習得しているのでしょうか? YouTubeのような動画サイトなど、今の時代ならではのルートで手遊びに接している人が多いのかと思いきや、実際に調査してみると、友だちや家族、先生から教わったものを覚えているという人が予想以上に多いことがわかりました。心理学では、何らかの対象の行動などを見て、それと同じような行動を習得することを「モデリング」と呼びます。手遊びにおけるモデリングを研究していくと、単に身振り手振りと声が大きければ習得しやすいというわけではないことがわかっています。そこには、相手の人に対する親しみの度合いや、数値化することの難しい表現力など、さまざまな要素が関わっていると考えられています。

子どもの教育に必要な5領域を満たす手遊び

 次に言語学的な視点から手遊びについて考えてみると、子どもが手遊びとともに歌を歌うことで、いろいろな言葉を自然と覚えるという効果があります。さらに保育学的な視点から見ると、乳幼児期の子どもに対する教育で重視されている5領域、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」をそれぞれバランスよく教えていくのに、手遊びはとても有効な方法の一つであるということがわかります。
 コミュニケーション力を高め、将来よりよい人間関係を築いていけるような情操教育をしていく上でも、家族や友だち、先生との手遊びの時間は、子どもにとってかけがえのない体験になりうるのです。

この学問が向いているかも 児童学

聖徳大学
児童学部 児童学科 准教授
関口 明子 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 普段から自分が目にしたもの、出会ったものに対して、アンテナをはりめぐらせて感じる心を持てるよう意識してみてください。小さなことでも構いません。子どもと接することは、小さな発見の連続です。それらをしっかり受け止める感受性を養っておくことはとても大事です。それと同時に、いろいろな人と関わる機会を作り、コミュニケーションの力をつけておきましょう。ピアノや工作などが苦手でも、技術的なことは大学で学べます。人が好き、子どもが好きという気持ちをまず大切にしてください。

先生の学問へのきっかけ

 実家が幼稚園だったので、生まれた時からいつも、身近に保育の世界を感じていました。中学・高校の頃は、将来は小児科医になりたいと思っていましたが、その一方で音楽にも力を入れていて、大学では音楽大学で乳幼児教育についての研究に携わりました。
 当時の恩師に「何か得意なものを持った教育者になりなさい」とアドバイスされ、自分の得意分野である音楽を生かした乳幼児教育の研究をしていこうと思ったのが、現在の道に進んだきっかけでした。

大学アイコン
関口 明子 先生がいらっしゃる
聖徳大学に関心を持ったら

 伝統ある「保育の聖徳(R)」で心優しい保育者に。聖徳大学は幼稚園教員・保育士採用数全国1位(2018年大学通信調べ)。
 大学は児童、心理、福祉、文学、栄養、看護、音楽を、短期大学部は保育、総合文化という幅広い分野の学びが揃っています。2019年のオープンキャンパスは、4/28(日)、5/26(日)、6/9(日)、6/23(日)、7/7(日)、7/28(日)、8/11(日・祝)、8/24(土)、8/25(日)。詳細は決まり次第、随時ホームページで公開いたします。キャンパス見学は毎日受付中!