一覧へ戻る

見知らぬ人との会話で英語が上達する?

夢ナビライブ2017大阪会場にて収録

1分動画1

スモールトークとは?

1分動画2

講義を視聴する(1分 その2)

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 英語をそのままの意味で受け止めるだけではいけなくて、言い回しがあることを知った。日本とアメリカの演説での違いもすごく興味深かった。
高校1年生 それぞれ国によって文化やとらえ方が異なったりすることを、ふまえて、知らない人との会話を大事にして、自分の英語力を高めていきたいです。
高校1年生 スモールトークは大切だと思いました。なんか、もっとたくさんの外国人と話してみたいと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 英語を上達するためには、文化的側面から学んでいくことが大事なのだとよく分かりました。英語がもっと好きになりました。ありがとうございました。講義の後、質問させてもらって、さらに大学のことも知れました!
高校1年生 英語の単語が難しかった。
高校2年生 自分が行きたい大学についてしっかり考えれた。
高校1年生 すばらしい講義、ありがとうございました。文化とことばについてしっかり学びたいと思いました。
高校1年生 日本と外国の文化の違いを知ることができてよかったです。
高校1年生 いい話が聞けてよかったです。会話をもっとできるように、勉強しようと思えました。ありがとうございました。
高校2年生 何を勉強すればいいか分かった。
高校1年生 本文の翻訳が分かりやすくてよかったです。アメリカと日本の文化の違いも知ることができてうれしかった。
高校1年生 日本の文化と外国のちがいが分かりました。日常会話が学べました。
高校1年生 文化と言語がなぜ関係あるのか納得しました。いつか海外にいきたいと思っていたので、お話をきけて得をしました。
高校2年生 ありがとうございました!
高校2年生 英文の解説は分かりやすかったが、特別興味深いものではなかった。
高校1年生 勉強になった。
高校2年生 長文は難しいと思ったけど日本とアメリカではすごい違いがあって驚いた。
高校1年生 とても分かりやすく、楽しい講義でした。ありがとうございました。
高校1年生 日本と外国では文化のちがいがあることが分かりました。
高校2年生 見知らぬ人と会話することが大事だと思った。
高校1年生 ありがとうございました。
高校2年生 英語のコミュニケーションにも儀礼的なものがあると知れて驚きました。
その他 講義の後にお話を聞かせていただきありがとうございました。先生の話を聞く前は英米学科を考えていたのですが、自分は国際関係学科の方が合っていると気づけました。
高校1年生 内容が私にとっては、少し、むずかしかったのですが、山口先生が教えてくださったことは私が初めて知ることばかりでとても役に立ちました。今後に生かしていこうと思います。
高校1年生 正直な所、あまり理解できなかった。
高校1年生 とてもわかりやすかった。
高校1年生 外国での儀礼的なあいさつの仕方等を学ぶことができました。また日本との文化の違いも改めて感じることができました。ありがとうございました。
高校1年生 英語を通しての文化の違いが分かって、とてもおもしろかったです。英語が上達するよう頑張ります。
高校2年生 話がわかりやすくて興味をもてました。
高校2年生 私は、文学的英語ではなく、コミュニケーション的英語を学びたいと思っていて留学を考えています。なので先生の講義を聞けて良かったです!
高校1年生 How are youは儀礼的なものなので、OKと答えるべきだということがわかった。
その他 おもしろい講義だった。
高校1年生 今現在での第一志望校だったので受講しました。「義礼」についてもっといろいろ知りたいと思ったし、大学への関心も高まりました。がんばります!!
高校2年生 文化からことばをまなぶのがいいことがわかりました。
高校2年生 文化の違いを理解してから会話をすべきだと学びました。異文化への関心も深まりました。
高校3年生 私は、言語を通してその国の文化を知っていきたいと考えていたので、先生の講義はとても興味深く、自分が学んでみたいと思っていることとピッタリあてはまりました。
高校2年生 言語の文化のつながりがよく分かった。言語に興味がわいた。
高校2年生 言葉と文化のつながりについては外人と普段話す時にも非常に感じることだったので、とても参考になりました。
高校1年生 すごく発音がいいなと思いました。
高校1年生 私は英語を話せるようになりたいと思っていますが、海外に旅行に行っても、勇気がなくてあまり現地の方と話したりできないので、またそんな機会があればぜひ自分から色んな話をしてみようと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 ことばと文化のつながりを感じた。いろんな文化を知ろうと思う。
高校1年生 語学と文化は切り離せない程、親密な関係にあることが分かりました。これから語学を学ぶ時、その国の文化も勉強しようと思っています。
高校1年生 早口で少しききとれませんでした。すみません。儀礼のあいさつについて知りたいと思いました。
高校2年生 英語は難しいが、英語を話すことでコミュニケーション能力が高まると思った。
高校2年生 もっと英語を使ってコミュニケーションをとったりしてみたいと思いました。
高校1年生 英語の大切さがわかった。
高校2年生 英語は文化的な側面を意識して会話をする必要があるとわかりました。楽しかったです。
高校3年生 講義の内容は非常にわかりやすく関心のもてるもので良かったです。
高校1年生 すごくききやすくておもしろかった。
高校1年生 試験問題を話の主になっていて分かりやすかったです。その他も色々な話をきけてタメになりました。
高校2年生 リスニングができて楽しかったです。
高校1年生 日本とアメリカの文化の違いで、その時その時によって、常識の応え方があるんだなと思った。
高校1年生 英語の疑問文できかれていてもその答えを返きずに会話を進めるんだと思った。
高校2年生 家に帰った後、先生が言っていたことをふまえて英語を勉強しようと思いました。
高校3年生 言語と文化の関係がとてもおもしろかったです。世界には色々な言語があって、そこに文化があると思うと、もっとこの学問について学びたいと思いました。
高校1年生 英語についての講義を学校以外でうけたことがなかったので、いいけいけんになりました。
高校1年生 私は外国の人と話すのは勇気がいりますね。でも英語で会話できるようになって外国の人と話してみたいです。
高校1年生 “How are you~?”の受け答えの仕方が決まっていることを初めて知った。
高校1年生 日本人と外国人の意識の違いなどが分かった。
高校1年生 知らなかった情報等を知ることができた事は有意義でした。
高校2年生 英語でも日本のように儀礼があることを初めて知りました。また、日米のちがいもおもしろかったです。
高校2年生 話の内容にも文化があるのを知って、なるぼどと思った。英会話に役立てたい。
高校1年生 英検準一級なみの英文解説がわかりやすくて良かったです。
高校2年生 ちょっと分かりにくかったです。
高校1年生 あまり、英語に興味がなかったけど、先生の話を聞いて、興味をもつようになりました。
高校1年生 日本とアメリカの文化のちがいがわかりました。
高校1年生 今よりもっと勉強しようと思いました。ありがとうございました。
高校2年生 難しかったけど、楽しかったです。
高校2年生 少ししか聞けませんでしたが、とてもよかったです。
高校1年生 たのしかった。
高校1年生 外国の文化の日本の文化のあいさつの違いにおどろきました。
高校2年生 知らないコとがたくさん知れてよかった。ありがとうございました。
高校3年生 言語は文化と深く関わっているというのが良く分かった。
高校1年生 知らない人としゃべることがいいと思った。
高校2年生 さらに英語に興味を持てました。
高校2年生 話している内容はとても興味ぶかかったですが少しききとりにくかったです。
高校3年生 とてもおもしろかったです。
高校1年生 日英語の文化的ちがいを知って英語を学んでいきたいと思います。
高校2年生 自分の英語に足りなかったのは、「文化」の側面だということが知れました。神戸外大にも興味がわきました!
高校1年生 英語のことについてがよりくわしく分かった。
高校2年生 英語でりかいするコツがつかめました。ありがとうございました。
高校1年生 How are you?ときかれたら、たとえつかれていてもOKと答えないといけないことがよくわかりました。
高校2年生 やっぱり英語は難しいなと思いました。知らなかったことがあったので、英語の常識を聞くことができて良かったです。
高校2年生 文化の違いを理解しないと、英語は上達しないことが分かった。日本とアメリカでは正式な場面での儀礼が異なることはおもしろいと思った。
高校1年生 英語の内容は難しかったけどとてもためになりました。
高校1年生 スモールトークは、英語ならではの言い回しとかが、面白かったです。
高校2年生 最後は提示されたオバマ前大統領のジョークが英語が理解できたら、もっとおもしろいのだろうと思いました。
高校1年生 とても興味が湧きました。 文化と言語の関わりをもっとほかに知りたいと思いました。 ありがとうございました。
高校1年生 文化の違いによって受け答えなどに違いが出ることに驚きました。英語にもっと興味がわいてきたため、また勉強していきたいです。
高校1年生 英語を話すのはもっと難しいものだと思っていたけど、意外に身近なものだと知って興味がより湧いた。
高校2年生 アメリカと日本の言葉に対しての背景が全然違うということを日常からフォーマルな例までを使っていて分かりやすかったです。
高校2年生 英語も日本語と同じように儀礼が多いのだとわかりました。
高校1年生 英語は日英の言語や文化を理解してやっと上達することが分かりました。おもしろい講義をありがとうございました。
高校1年生 知らない人とでも会話を続ける為にYes,Noで終わるのではなく、自分の思っていることを言った方がいいと分かりました。
高校2年生 外国語を学ぶには文化を理解することが大切だと分かりました。とてもわかりやすかったです。
高校1年生 わかりやすかった。
高校2年生 英語を理解するためには文化も理解しなければならないことが分かりました。
高校1年生 英語と日本語との違いが分かった!
高校2年生 日本と外国とで見知らぬ人と会話が対称的でおもしろかった。「言語」と「文化」は切り離せないというのが心に残った。
高校1年生 英語の発音がすごく良かった。
高校1年生 外国語をもっと勉強しようと思いました。
高校1年生 言語と文化はつながっていることが分かった。日本とアメリカではコミュニケーションにちがいがあることが分かった。
高校2年生 言葉と文化のつながりについて少し知ることができて隣接の関係を知れてよかった。興味をもてました。
高校3年生 入試問題のリスニングを聞いて、もっと耳をならしていかなければならないと思いました。
高校2年生 少し違った授業を受けれてよかった。
高校1年生 おもしろかったです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 慣習 、
  • 日本 、
  • ジョーク 、
  • スピーチ 、
  • ビジネス 、
  • 会話 、
  • 文化 、
  • 英語 、
  • 言語

講義No.g008246

見知らぬ相手とのスモールトークが、英語上達のカギになる!

見知らぬ人とも会話をするのは当たり前

 日本と英米語圏の文化は異なります。日常のシーンでも、その違いはよく見られます。例えば、日本人は見知らぬ人と会話をすることはめったにありません。しかし、英米語圏では空港などで、見知らぬ人同士が「飛行機が遅れているね」など、会話をしながら時間をつぶすのはごく当たり前のことです。また、スーパーやコンビニで、店員さんと会話をしたり、冗談を言い合うという慣習もあります。日本人は、列の後ろで待っている人に迷惑をかけないよう、無言でできるだけ早く支払いを済ませようとしますが、そうした態度は英米語圏の人から見ると違和感があります。このように英米語圏では、公共の場で見知らぬ相手と「スモールトーク(small talk)」をする慣習があるのです。

自虐ジョークで聴衆の心をつかむ

 ビジネスの現場でも慣習の違いが見られます。英米語圏では例えば、商談に入る前に天気の話などのスモールトークをしますし、職場の会議でも雑談をしてから本題に入ります。日本では時間の無駄とみなされることも、英米語圏では慣習的に行われているのです。
 また、スピーチでジョークを言ったり、配偶者を褒めたりするのも英米語圏では一般的です。アメリカのジョージ・ブッシュ元大統領は、日本の晩さん会の席で嘔吐したことを一般教書演説の中で「自虐ジョーク」として語りました。この自虐ジョークは聴衆の笑いを誘いましたが、日本では真面目な正式な場面でジョークを言うのは不適切とみなされます。

文化に理解を深めながら言語を学ぶ

 「文化を理解して、言語を学べ」と言われるように、「見知らぬ人と会話をする」「商談や会議前に雑談をする」「演説にジョークを交える」といった英米語圏の慣習を理解することは、言語の理解にもつながります。逆に、これらの慣習を理解していないと、英語を本当の意味で習得したことにはなりません。「文化」というと漠然としていますが、スモールトークや演説のジョークも文化の1つなのです。

この学問が向いているかも 社会言語学、言語人類学、談話分析学

神戸市外国語大学
外国語学部 国際関係学科 准教授
山口 征孝 先生

メッセージ

 英語を上達させたいと思っている人は、世界で話題になっているニュースに目を向けてください。例えばアメリカで、白人警官が黒人少年を射殺した話題が大きく取り上げられていました。私は講義でその事件を扱いました。そのような話題は日本に暮らしているかぎり関係ないかもしれません。しかし英語を学びたいのなら、海外で学ぶ機会もあるでしょう。その時に国際情勢を知らなければ、海外の人々との会話の機会を生かし切れません。国際的なニュースに関心を向けることは、世界への関心を広げ、学習意欲を高めることになると思います。

先生の学問へのきっかけ

 中学2年生の時、シアトルに1カ月間ホームステイしたことがきっかけで、英語に興味を持ちました。当時は、まだほとんど英語を話すことはできませんでしたが、日常英会話本と辞書を見ながら一生懸命に話すと、相手に言いたいことを伝えることができました。その喜びが、英語を学ぶ原動力になりました。
 大学卒業後は英語教師として教壇に立ちましたが、本当の意味で英語を理解していないと感じ、本場の英語を身につけようとアメリカに渡りました。アメリカの大学では社会言語学を学び、言語と文化、言語人類学の研究を始めました。

大学アイコン
山口 征孝 先生がいらっしゃる
神戸市外国語大学に関心を持ったら

 神戸市外国語大学は、外国語並びに国際文化に関する理論と実際を教授研究し、高い外国語能力、広い国際知識、深い法・経・商等の基礎的教養を具えた、人格の円満な、国際的人材を育成すると共に、地方における特殊な学術研究の中心として、文化の発展向上への寄与を目的としています。外国語の会話の中で問われるのは、その人の持つ教養、知識、さらには人間性であり、実用の語学とはそうしたものの上に立っています。未知の世界、新たな可能性に向かって歩み出したいという意欲に燃える若い人たちの期待にこたえうる魅力的な大学です。