夢ナビライブ | 大学研究&学問発見のための 国公私立大 合同進学ガイダンス
夢ナビライブ2017仙台会場での 菅原 里江 先生の講義をちょっとのぞいてみよう!
「会わない」が嬉しい? ソーシャルワーカー  [1分間動画]
東北福祉大学
総合福祉学部 社会福祉学科 准教授

菅原 里江 先生
この動画は2017年10月7日開催の夢ナビライブ2017仙台会場で収録されたものです。当日の講義内容はこの動画とは異なる場合がありますので、予めご了承ください。
先生の講義ライブを受講した高校生のクチコミ
高校1年生 ソーシャルワーカーという仕事を初めて知り、何をしているか気になって受講しました。何か他人と大事な話をするには信頼関係が大切なことだと学びました。
高校2年生 将来は福祉の仕事に就きたいと思っていたので、良い機会になりました。興味を引かれる講義名で内容も、とても面白い内容でした。
高校1年生 先生の体験を聞き、職業の大変さや、やりがいをしることができとてもよかったです。将来の仕事にしてみたいと思いました。
高校1年生 福祉についてさらに興味をもつことができた。おもしろそうだと思った。
高校1年生 ソーシャルワーカーの仕事に必要なものが分かった。
高校1年生 ソーシャルワーカーという仕事を初めて知り、講義を受け終わった後、題にとても納得することができました。
高校1年生 コミュニケーションだけでなく知識や技能も必要なことがわかりました。
高校1年生 ソーシャルワーカーという仕事にとても興味をもちました。とてもわかりやすかったです。
高校1年生 ソーシャルワークという珍しい職業について知ることが出来た。奥が深いのも知れてよかった。
高校2年生 今日は、ソーシャルワーカーの実例を基に学問について学べて、身近に感じ、ためになりました。
高校1年生 ソーシャルワーカーへの意議が変わりました。自分も何かのかたちで人を助けられるようになりたいです。
高校2年生 ソーシャルワーカーの仕事が、すごく相談者の方の助けになっているんだと思いました。
高校1年生 私の母も悩みを多くもち、それを聞くのにどうすればよいか迷っていましたが、よく分かりました。
高校2年生 ソーシャルワーカーの仕事と「会わない」の意味がわかり自分もこういう人間になりたいと思いました。
高校2年生 社会福祉についてよくわかった。
高校2年生 同じ相談内容ということがないので、難しい仕事だと思うが、とても関心がわいた。
高校1年生 ソーシャルワーカーについて学んだが、科学的・非科学的な、両サイドから判断することが大切だとわかった。
高校1年生 将来の夢への関心が、さらに高まりました。ありがとうございました。
高校2年生 ソーシャルワーカーの仕事と大学での学びが密接に結びついていることがわかった。

夢ナビ