夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 歯、
  • 虫歯、
  • 歯周病、
  • 子ども、
  • DNA、
  • 治療、
  • 唾液、
  • 予防、
  • 医学、
  • 障がい者、
  • 疾患、
  • 口腔外科

あらゆる子どものあらゆる症例に対応する「小児歯科学」

専門医資格者は100人に1人

 歯科の二大疾患は虫歯と歯周病です。低年齢ではまず虫歯、そして思春期くらいから歯周病が起こります。虫歯菌は歯のような硬い部分を侵すには時間がかかるので、2、3歳の頃までほとんどの人には虫歯がありません。どのように子どもに菌が入り、虫歯や歯周病になっていくのか、その移り変わる様子を研究し、治療を担うのが小児歯科学です。実は、日本小児歯科学会が定めた基準を満たしこの専門医と認められているのは、2017年現在で、日本では歯科医の100人に1人程度なのです。

虫歯菌の多くは「母子伝播」

 分子生物学のDNA分析手法の発達により、母親と子どもの間で虫歯菌のDNAパターンが一致している率が高いということがわかってきました。これにより、産まれてから濃密に接触している母親から唾液を介して伝播することが多く、さらに口の中の菌が多い母親からの方が伝播しやすいことが科学的に証明されたのです。そこで、これを基に母親への予防指導などが行われています。
 また、小児歯科では障がいのある子どもや、ほかの部分の病気と関連のある口腔疾患の子どもの治療も担います。例えば、骨と歯はとても深く関連しており、全身の骨の病気にかかっている子どもは歯にも影響があり、歯の修復や入れ歯が必要な場合もあります。また大人と違って、子どもには成長に合わせた特殊な治療や技術が必要です。こうしたことも小児歯科の研究対象になります。

人の一生の口腔保健の入り口を担う

 歯学の中で小児歯科は、0歳から14、15歳くらいまでの年齢の子どもを対象にした分野であるが故に、保存治療や予防、矯正、口腔外科など歯科にまつわるほとんどの専門領域をカバーする特性があります。人の口腔保健に対して最初に関わり、その一生を左右する重要な役割なのです。
 また、前述のような全身の病気が歯に及ぼす影響や、口中の菌が心臓などの疾患を引き起こすメカニズムを解明するために、各医学領域との連携(医科歯科連携)が活発になっており、研究の幅もますます広がっています。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 小児歯科学、歯学


歯学部 小児歯科学教室 教授
仲野 和彦

先生の著書
メッセージ

 大阪大学歯学部は、文系、理系、医歯薬系などを有する総合大学の中にある学部なので、いろいろな専門分野の研究者とのコラボレーションができます。私の専門の小児歯科学は、子どものあらゆる歯科医療・医学を研究する分野で、歯科のオールラウンドプレイヤーとも言えるのですが、実は、全国で10万人ほどいる歯科医の中でも小児歯科の専門医資格を有する人は、1000人ほどにすぎません。人の一生の最初の期間を担うやりがいのある分野ですから、多くの人に志してもらいたいです。

先生の学問へのきっかけ

 もともと医療に興味があった私は、大学進学を考えて学部を調べた時、「どうして歯学部は医学部歯学科ではないのか」という疑問を持ちました。医学部の中には内科や耳鼻科、眼科などの講座がありますが、歯学部は学部として独立しているのです。そして、「歯学部には何か魅力的な、奥深いものがあるのでは」という思いから、歯学の道を選びました。
 実際に学んでみると、歯科だけで20ほどの専門に分かれていて驚いたと共に、「歯や口を対象とした医療や研究は大変重要である」という思いを持つに至ったのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

歯科医師(勤務医・開業医)/大学教員(診療・研究・教育)/行政(省庁・地方・保健所など)

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.