夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 細菌・バクテリア、
  • 歯学、
  • 喉、
  • 口、
  • 感染症、
  • 病気、
  • 遺伝子、
  • ワクチン、
  • タンパク質

口の中だけでなく喉や鼻の病気も扱う「口腔細菌学」

さまざまな病気を起こすレンサ球菌

 口の中やその周辺には300種類以上の細菌が棲んでいると言われます。その中のひとつ、レンサ球菌は数珠のように丸い菌が連鎖した形の菌で、棲んでいる場所によって引き起こす病気が違います。
 例えば、口の中にいる「う蝕レンサ球菌」は虫歯を起こします。また、あなたも小さい頃、喉に潰瘍ができてひどく痛くなる溶連菌性咽頭炎に罹ったことがあるかもしれません。これもレンサ球菌の一種である「化膿レンサ球菌」が喉で引き起こす感染症なのです。

遺伝子を突き止め、仕組みを解明

 実は、同じ化膿レンサ球菌でも、病気を引き起こす悪いタイプとそうでないタイプがあり、悪いタイプが体調の悪いときに入ると症状が出ると考えられています。では、その仕組みをどのように解明していくのでしょうか。
 多くの病気を起こす因子は、タンパク質が絡んだものが多いと言われます。菌はいろいろなタンパク質を持っているので、対象となるタンパク質を構成する遺伝情報(ゲノム)を調べ、原因となりそうな遺伝子を特定します。そして、その遺伝子だけを人工的につぶしたものに置き換えたときに、病原因子となるタンパク質が作られず病原性が低くなるかどうかを確認することで、タイプの特定や仕組みの解明に近づいていくのです。

病原因子を制御し免疫をつけるワクチンの開発に

 このようにして病原因子とその仕組みがわかれば、それを制御する手段であるワクチンの開発へとつながります。現在は、咽頭炎の治療に細菌そのものを攻撃して治す抗生物質が広く使われていますが、病原因子を制御し病気にならない免疫力をつけるためのワクチンができれば、世界で年間数千万人の子どもがつらい思いをしている咽頭炎の予防が可能になるでしょう。
 このような研究分野を「口腔細菌学(口腔微生物学)」といい、歯だけでなく口やその周辺領域である鼻、喉、上気道までを対象にしています。歯学や医学、生物学などと密接に関わりながら研究が展開されているのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 歯学、口腔細菌学、免疫学、感染症学


歯学部 口腔細菌学教室 教授
川端 重忠

メッセージ

 私の専門は「口腔細菌学」という領域で、主に口や喉に棲むレンサ球菌が起こす病気を扱っています。歯学部では、「歯」だけを対象にするのではなく、全身の病気につながる研究も行われています。口やその周辺に棲むさまざまな細菌が起こす病気の仕組みや制御方法の解明をめざしているのです。
 大阪大学は、歯学における臨床や研究、社会貢献の面で世界的にもトップクラスの大学です。歯学に関係する基礎研究を治療につなげ、世界にはばたこうという思いを持つあなた、一緒に研究していきましょう!

先生の学問へのきっかけ

 歯学部は6年制ですが、私の学生時代は6年間では研究に接する機会が少なかったこともあり、実はその面白みがよくわかりませんでした。大学院に進んでからの4年間で、毎日自分で考え・仮説を立て・証明するという研究活動に没頭しました。そうすると、小さくても世界中の誰も知らないことを発見してワクワクするようになり、研究の醍醐味がわかるようになってきました。このような経験を通して、創薬にもつながる口腔細菌学の研究で、世の中に貢献したいという意識が芽生えたのだと思います。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

歯科医師(勤務医・開業医)/研究者/厚生労働省などの上級職技官

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.