夢ナビWebセレクション

岡山大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 土砂崩れ、
  • 集中豪雨、
  • 雨、
  • 水、
  • 土、
  • センサー、
  • データベース、
  • アメダス、
  • 予測、
  • 避難

「土砂崩れの予測」を可能にする秘策は?

土砂崩れは、なぜ起こるのか

 集中豪雨などがあると土砂崩れがよく起こります。近年、雨の降り方が局所的に集中する傾向が強まっていることや、日本には至る所に斜面があることを考えれば、土砂崩れの危険性を放置することはできません。そもそも土砂崩れが起こる原因は水です。大量に雨が降ると土が水を含んで重くなり、斜面が崩れるのです。また土が吸収しきれなかった水は斜面の中を流れます。この水流の力に引っ張られる形で土砂が崩れるのです。どれぐらい水を含むと斜面の土砂が崩れ落ちるかは、斜面を構成する土の性質により異なります。

土砂崩れを予測することは可能

 山の斜面を掘ってみると、どの山も土質が異なることがわかります。例えば落葉が腐食して積もった土壌もあれば、固い岩盤でできている斜面もあります。斜面ごとに条件は異なりますが、土砂崩れが引き起こされる原因は必ず水です。そこで土中に水分センサーを入れて水の量を計測し、一定量を超えると警報を出す仕組みが研究されています。ただし斜面を構成する土質や斜面の角度により、同じ水の量でも土砂崩れを起こす場合と起こさない場合があります。危険度をできる限り正確に予測するためには、土質や斜面角度による崩れやすさを予測するためのデータベースが必要です。

目標は天気予報なみの予測精度を持つこと

 気象予測は地域気象観測システム「アメダス」を活用し、かなり精度が高まりました。土砂崩れの予報を気象予報と同じ精度にまで高めるのには、かなり時間がかかるかもしれませんが、警報を出せるレベルに到達するのは、それほど先のことではないと思われます。この土砂崩れ予報システムが完成すれば、万が一、土砂崩れが起こった場合の被害を避けることができます。危険警報だけでなく、水分量解析の精度を高めて警報解除のアナウンスが正確にできることも必要です。これができれば警報が出て避難したものの、土砂崩れが起こらないことが確認できれば、安心して帰宅できるようになります。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 土木工学、環境学、地盤工学、地下水学


環境理工学部 環境デザイン工学科 准教授
小松 満

先生の著書
メッセージ

 私たちは、どこに暮らしているのでしょうか。足元を見てください、そこには地面があり、地面の下には地盤があります。つまり地球上のどこに住んでいようとも、人は必ずどこかの地盤の上にいるのです。ところが穴を掘らない限り、地中の様子を見ることはできません。だから地盤については、まだわからないことだらけなのです。しかし、地震や土砂崩れなどの災害を防ぐためには地盤を知る必要があります。地盤をテーマとするこれからの学問、地下水工学をぜひ、若いあなたと一緒に研究したいと思っています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.