夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 歯、
  • スポーツ、
  • 安全、
  • 怪我、
  • 野球、
  • ラグビー、
  • ボクシング、
  • アイスホッケー、
  • 骨折、
  • 身体能力、
  • マウスピース、
  • 噛み合わせ、
  • 歯学

スポーツを全力で安全に楽しむために有効なマウスガード

マウスガードは何のため?

 ボクシングやラグビー、アイスホッケーなど「コンタクトスポーツ」と呼ばれるプレーヤー同士の接触が多いスポーツだけでなく、野球などでもマウスガード(マウスピース)を装着する選手が増えてきました。マウスガードは、スポーツ選手にとって、どのような役割を担っているのでしょうか。

二つの役割

 一つは、競技中の衝撃による顔面の骨折や歯の損傷から選手を守る役割です。スポーツによる口や歯のケガは、交通事故、転倒転落に次いで三番目に多く発生しています。特に上の前歯がケガをしやすい部分です。歯の一部が欠けたくらいなら人工義歯などでじゅうぶんに補うことができますが、骨を損傷してしまうと何年もかけて少しずつ治療しなければならず、精神的にも負担になります。
 もう一つは、身体能力を最大限に引き出す役割です。噛み合わせとスポーツは深い関係があり、よい噛み合わせの選手が高い身体能力を持つことがわかってきました。噛み合わせは、身体のバランス感覚に影響するのです。マウスガードで、その噛み合わせを整えることもできます。

自分にぴったりのマウスガードで安全に

 最も効果的なマウスガードは、自分の歯型に合わせて作ったものです。スポーツ用品店などで売られているものは、お湯で柔らかくして噛み締めて、徐々に自分の歯型に合うようにしていくのですが、ぴったりに仕上げるのは困難です。合わないまま使い続けると、呼吸がしづらかったり、話しにくかったり、身体能力が落ちてしまうことさえあります。
 スポーツ歯学の進歩で、個々の選手に合わせたマウスガードを作ることは可能になりました。現在の研究は、マウスガードの効果を科学的に実証しようと、噛む筋肉の測定などが行われています。また今後は、衝撃を吸収しつつ、さらに薄い材質で装着感がより自然な製品も開発されることでしょう。
 スポーツは、本来楽しむためのものです。全力で安全にプレーするために、マウスガードは役立っているのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 歯学、スポーツ歯学


歯学部 歯科補綴学第二教室 教授
前田 芳信

先生の著書
メッセージ

 スポーツ歯学という分野は、あまり聞いたことがないかもしれませんが、グラウンドで身体を動かす選手たちがどのように筋肉を動かしているのか、どんな噛み合わせをしているのか、などを想像しながら観察してみてください。このように競技に熱中する姿を歯学の視点から眺めるのも楽しいものです。またこの分野は、スポーツの現場と研究の両方に関わることができるので、「スポーツに興味があり、研究もやってみたい」というあなたには、大きなやりがいが感じられることでしょう。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

歯学部の卒業生は 卒業時に国家試験を受けて歯科医師の資格を取得するので、卒業後は大学に残って臨床しながら、歯科治療に用いる材料や、口や顔の機能に関連した基礎や臨床の研究者になるか、開業医に勤務する場合が多いです。中には歯科に関連した会社を起業して経営者になっていることもあります。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.