夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 自己組織化、
  • インターネット、
  • ネットワーク、
  • コンピュータ、
  • スマートフォン、
  • 通信、
  • 情報

既存のネットシステムは破綻寸前! 新しいネットワークを構築する

4台で幕を開けたインターネットの世界

 私たちの生活に浸透しているインターネットは、1969年に、たった4台のコンピュータをつないでスタートしました。それが、2010年には8億台を超えるまでに成長しました。しかもこの数には、スマートフォンや通信型ゲーム機などのインターネット接続ができる端末や、企業で使用されるコンピュータは含まれていません。今やテレビや車などあらゆるものがネット回線でつながっており、その数や種類は今後も増え続けることが予想されます。

つぎはぎだらけのネットワークシステム

 ところが、インターネットの仕組み自体は、始まった当時とほとんど変わっていません。無線通信によって、場所を選ばず動きながら使うことなど想定外でした。新しい通信機器やアプリケーションが生まれる度に、パッチワークのようにシステムをつぎはぎしたため、現在のインターネットは、複雑きわまりない構造になってしまっています。このまま進めば、2020年頃には現在のインターネットは破綻すると言われています。

「自己組織化」をネットワークの構築に活用

 そのような課題を解決すべく、従来とは全く異なる新しいネットワークシステムの研究が急ピッチで進められています。その一つは「自己組織化」によるものです。自己組織化とは、それぞれの個体が限られた情報とシンプルなルールに基づいて動作し、さらに相互作用することで、全体としてうまく機能することを言います。例えるなら、パーティ会場で最初は割り当てられた通りに座っていても、段々と気の合う者同士で集まり、会場内が居心地のよい空間として保たれるようなことと似ています。自己組織化の仕組みを使えば、多数のさまざまな通信機器が集まっても、自然に秩序が生まれ、ネットワークが正しく機能することが期待できます。自己組織化は、私たち人間の営みも含め自然界にたくさんある現象であり、現在、情報科学、数学、化学、生物学、物理学、社会学など学問領域を越えて、自己組織的な情報ネットワークの研究が活発に行われています。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 情報科学


大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻 教授
若宮 直紀

メッセージ

 これから大学受験や就職など人生の選択の機会があると思います。その際、自分の可能性を狭めるのではなく、さまざまなチャレンジができる環境をつくっておいてください。そのためには二つの「ソウゾウリョク」が必要です。一つはイマジネーション、いろいろな立場で物事をとらえる「想像力」です。もう一つはクリエイティビティ、すなわち「創造力」です。新しいものを自らつくり出すことが、社会で生きていくためにも、日本が世界で活躍していくためにも重要になります。この二つの力を育てるように努力しましょう。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

株式会社オービック/国立大学法人大阪大学/株式会社KDDI研究所/C.S.I グループ/シャープ株式会社/住友電気工業株式会社/ソニー 株式会社/国立大学法人名古屋工業大学/日本アイ・ビー・エム株式会社/日本電気株式会社/日本電信電話株式会社/株式会社野村総合研究所/パナソニック アドバンストテクノロジー株式会社/三菱電機株式会社

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.