夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • デンマーク、
  • 高齢者、
  • 介護、
  • 住宅・住まい、
  • 福祉、
  • 老人ホーム、
  • 家族、
  • 生活

高齢者向け住宅で自立した生活を送るデンマークの高齢者

高齢者福祉は19世紀から

 デンマークは福祉国家として知られています。中でも高齢者福祉の歴史は、1891年の高齢者扶助法にまでさかのぼります。1919年には首都・コペンハーゲンで大規模な養老院の建設が始まり、戦後の1952年には国から各自治体に融資が開始され、質の高いナーシングホーム(老人ホーム)へと転換していきます。そして1990年代後半には“住まい”と“介護”を分けるという考え方に基づいて「高齢者住宅」や「介護型住宅」が登場し、現在多くの高齢者が生活しています。

誰もが自己負担なく介護を受けられる

 デンマークでは、成人した子どもは独立するのが一般的です。二世帯同居という習慣はありません。夫婦二人または独居の高齢者にとって、介護とともに問題になるのが、孤独感や社会的交流の欠如です。それらをうまく解決したのが高齢者住宅・介護型住宅だと言えます。
 高齢者住宅・介護型住宅は、共用のキッチンやダイニングと個々の居室がある、一種の集合住宅です。居室は一人あたり2部屋(リビングと寝室)が基本で、45㎡くらいの広さがあります。ここはあくまで入居者の“自宅”であり、共同生活ながらプライバシーは守れます。身体介護や家事援助などについては、介護スタッフから必要な分だけケアを受けることができます。
 こういった住宅は自治体が供給します。家賃や食費などの諸費用はかかりますが、介護に関しての自己負担はありません。誰もが無料で介護サービスを受けられるのは、ノルウェーやスウェーデンなどほかの北欧諸国にもない、デンマークだけの非常に大きな特長です。

誇りを持って自立した生活を

 このような住宅の普及の背景には、高齢になっても誇りを持って自立した生活をしたいというデンマーク人の強い思いがあります。デンマーク人は家族をとても大切にしますが、親に対する子どもの役目は精神的な支えであり、身体的な介護は行政の仕事である、というのが彼らの考え方なのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 外国語学、デンマーク語学、社会福祉学


外国語学部 外国語学科 デンマーク語専攻 准教授
石黒 暢

先生の著書
メッセージ

 外国語と、その国の文化と社会について学ぶことは、外国を通して自分の国を相対的・客観的に見る作業でもあります。外国語学部というと、言語ばかり勉強すると思われがちですが、大阪大学外国語学部デンマーク語専攻には言語・文学・社会・歴史という4つの柱があり、基礎的な言語能力を身につけた上で、それぞれの研究を進めます。国民の幸福度が世界一高い国、デンマークの人々は、実際にどんな生活をし、何を感じて暮らしているのでしょう。デンマーク語を理解してその国の実態に迫ってみませんか。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.