夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 環境、
  • 住宅・住まい、
  • 植物、
  • 省エネルギー、
  • 地方公共団体(地方自治体)、
  • 共生、
  • 居住環境

環境共生住宅を維持するための意外な落とし穴

国や自治体が率先して建てた環境共生住宅

 例えば、屋上庭園をつくり、壁面を植物で覆う。建物だけではなく、団地内にたくさんの緑を植え、雨水を活用できる設備を備え付けたりする。このような緑あふれる生活環境の実現と、省エネルギー効果も狙った環境共生住宅が、国や地方自治体によって積極的に建てられた時期がありました。では、こうした環境共生住宅に暮らす住民は、どう感じていたのでしょうか。

調査からあぶり出された意外な住民の意識

 アンケート調査でわかったのは、驚くべき事実でした。住民たちの半分近くが、自分たちの住んでいる環境共生住宅にある設備のことを知らなかったのです。なぜ、そんなことが起こるのでしょうか。
 一つには、最初の住民への説明が不十分だった可能性が考えられます。もう一つ考えられるのは、初めの住人にこそきちんと説明されたものの、引っ越しなどで後から入居した住民に対しては、じゅうぶんな説明がされていないケースです。特に賃貸住宅の場合は、住民の入れ替わりが激しいために説明が行き届かなかった可能性が高いでしょう。いずれにせよ、せっかく環境に配慮した設備が整えられているにもかかわらず、実際には活用されていないケースがありました。

建てた後の維持管理がポイント

 敷地内にたくさん植えられた緑が、逆に問題になることもあります。維持管理費用の問題です。例えば、街路樹一つとっても、植えっ放しではダメなのです。定期的にきちんと手入れしないと、葉が茂りすぎたり虫が発生したりします。しかし、人を雇って手入れをするためにはお金がかかります。自治体が財政難の場合は、維持管理費の予算がつかないこともあります。
 これが戸建ての住宅地なら、誰かが発起人となって、みんなでお金を出しあい、自主的に環境整備を進めることもできるでしょう。しかし賃貸住宅では、住民にそこまでの負担を求めることは難しいのが現状です。住環境をつくる場合には、建物や環境などの整備だけではなく、そこに暮らす住民心理にまで配慮する必要があるのです。

参考資料
1:環境共生住宅を維持するための意外な落とし穴

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 建築学、都市工学


工学部 地球総合工学科 建築工学コース 教授
横田 隆司

先生の著書
メッセージ

 建築の中でも、将来デザイン系に進みたい人は、意識してセンスを磨くようにしてください。センスの磨き方を教えることはできても、センスそのものを教えることはできないからです。具体的には、美しいモノや景色を見ることをお勧めします。神社仏閣なども日本的な空間を肌で感じることができる貴重なスペースです。建築だからといって建物にこだわる必要はありません。優れた彫刻や絵画を見るだけでも、センスは養われます。数学や物理など理系の科目が得意で、さらに感性豊か、そんな人物をめざしてください。

先生の学問へのきっかけ

 私の専門は、建築計画や都市計画、いわゆる「まちづくり」です。大学に入った当初、この分野に進むとは思っていませんでしたが、さまざまな講義で学ぶうちに、街をデザインすることの面白さ、研究の楽しさに惹かれるようになりました。「人がやってないことをやろう」、と当時は最先端だったコンピュータ・シミュレーションで研究に取り組みました。
 現代は、人口減少下、「持続可能なまちづくり」が求められています。新旧の建物が混在している街をこれからどのように発展させるのか、さまざまな視点で考え続けたいと思っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

建築設計事務所意匠設計、建設会社意匠設計、ハウスメーカー技術系、官公庁建設系、不動産会社都市開発

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.