夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 友だち、
  • 携帯電話(ケータイ)、
  • メール、
  • 便所飯、
  • 食事、
  • 若者、
  • 大学生

友だちがいないように見られたくない?

つながらないと不安?

 携帯電話の普及によって24時間、誰かとつながることのできる環境がつくり出されました。それによって、電波の届く範囲にいるのに友だちからメールが来ないと、さびしさや孤独感、不安を感じる人がいます。携帯電話がない時代は、電車で移動するときなどは友だちと連絡を取り合うことが物理的に不可能でしたから、これは現代社会の特徴的な心理と言えます。

気になるのは同世代の視線

 大学生を対象にした調査で、電波のつながらないところにいると不安になる傾向が高い学生ほど、携帯メールのやり取りが多く、また、友だちからメールが届いたらすぐに返信する「即レス」をしないと相手に申し訳ないと感じる人が多いことがわかりました。
 これは24時間いつでも友だちとつながれるようになったことで、若者の間で「友だち」の存在がより大きくなってきたことを意味します。そして自分一人で部屋にいることは平気なのに、外にいると周りの人の目を気にし、特に同年代の人たちがいる学校などでは、一人でいると「友だちがいないように見られるのではないか」と、不安を感じるようになると言います。

一人で食事する姿を見られたくないから「便所飯」

 例えば、学食で一人だけで食事をとりたくないという学生は少なくありません。このような感覚がどんどん過敏になっていくと、やがて、「一人で食事をとるくらいならトイレの個室で食べたほうがまし」と考えて、「便所飯」と呼ばれる行動につながる人もいるようです。昼食時、食事をする友だちが周囲に見当たらなければ、メールや電話で熱心に探して誰かと一緒に食べる、それが無理なら食事を抜くという人もいます。実際に、「便所飯」を経験したことのある学生はきわめて少ないと考えられますが、現代の若者の一つの側面をとらえた現象だと言えるでしょう。これは必ずしも一人で行動できないというのではなく、一人で食事をしている姿を見られたくない、友だちがいないように見られたくない、ということなのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会学


人間科学部  准教授
辻 大介

先生の著書
メッセージ

 私が高校生だったとき、自分が何をやりたいのかわかりませんでした。研究の道を志したのは、一度、社会人になってからで、25歳くらいのときです。あなたは今、やりたいことが見つかっていますか? 目標や夢を持っている人も、もちろんいると思いますが、なかなか見つからない人もいるのではないでしょうか。今、見つかっていなくても、決して焦ることはありません。大学でそれを考えてもよいのです。高校生のうちから少しずつ、何がやりたいのかを考え始めて、ゴールを見つけていってください。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

テレビ局制作/新聞社記者/出版社編集/小売販売/国家公務員/地方公務員 ほか

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.