夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 友だち、
  • 人間関係、
  • 心(こころ)、
  • 価値観、
  • 若者

心の豊かさを人間関係に求める若者たち

時代とともに変わる価値観

 かつてと比べると、若者にとって「友だち」はより重要な意味を持つものになりました。周囲の同年代から、「友だちがいないのではないか」と見られることに不安を感じる人も増えています。これは社会的な価値観の移り変わりとともに、「友だち」をとらえる視点が変化してきたからだと考えられます。
 戦後すぐは日々の食事に困るほど、生きるために切羽詰まった状況でしたから、友だちのことを一番に考えるよりも、やらなければならないことがたくさんありました。そして高度経済成長期には誰もが豊かな生活をめざしていて、懸命に働くことが大切だと考えられていたのです。しかし物があふれ、経済が成熟していくとともに、物質的な豊かさを求める人は多数派でなくなり、社会全体が共感できるような目標ではなくなっていきました。

心の豊かさが重視される時代

 今の大学生はだいたい90年代生まれです。彼らの親の世代は60年代生まれ、高度経済成長期に10代を過ごした世代が中心でしょう。その子どもである現在の大学生は、物の豊かさよりも心の豊かさを重視する世代になりました。物質的にはある程度満たされ、物の豊かさを求めること自体に価値が見出せなくなったのです。友だち、恋人、家族といった身近な人たちとの関係、そのつながりの中でうまく暮らしていくことが、より重要だと考えるようになりました。統計的にみても、そう考える人の数字は年々増えています。

それぞれの価値観で豊かさを求める時代

 これを別の視点で考えれば、心の豊かさ以外の目標が持ちにくくなった時代とも言えます。若者にとって心の豊かさとは、身近な人たちとの関係、特に友だちとの関係を意味します。友だちの存在を心のよりどころにして、いるのが当たり前、いないなんてはずかしい、そんな価値観があることが伺えます。最近は、価値観の違う人同士が認め合い、お互いをリスペクトするという考えの人も増えてきました。多様な価値観の中から、それぞれの「豊かさ」を求める時代に突入したと言えるでしょう。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会学


人間科学部  准教授
辻 大介

先生の著書
メッセージ

 私が高校生だったとき、自分が何をやりたいのかわかりませんでした。研究の道を志したのは、一度、社会人になってからで、25歳くらいのときです。あなたは今、やりたいことが見つかっていますか? 目標や夢を持っている人も、もちろんいると思いますが、なかなか見つからない人もいるのではないでしょうか。今、見つかっていなくても、決して焦ることはありません。大学でそれを考えてもよいのです。高校生のうちから少しずつ、何がやりたいのかを考え始めて、ゴールを見つけていってください。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

テレビ局制作/新聞社記者/出版社編集/小売販売/国家公務員/地方公務員 ほか

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.