夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • コミュニケーション、
  • 携帯電話(ケータイ)、
  • メール、
  • 友だち、
  • あいさつ

送り合うことが大切? 携帯メールの役割とは

あいさつはつながりを確認する行為

 「こんにちは」とあいさつをしたのに、相手からあいさつが返ってこないとき、あなたは相手の行為の意味をどう受け取るでしょうか? きっと、あなたとは付き合いたくない、話をしたくないのだと解釈することでしょう。
 「こんにちは」という言葉自体に、何か重要な情報が含まれているわけではありません。しかしあいさつには、あなたと相手の間に「つながりがある」ということを確認する役割があるのです。

コミュニケーションは人間関係の潤滑油

 自然科学の分野では、コミュニケーションはもっぱら「情報伝達のプロセス」ととらえられます。機械と機械の情報伝達なら、情報を伝えてそれを処理していくことの繰り返しですが、人間同士のコミュニケーションには、情報伝達に加えて人と人とのつながり、関係をうまくいくように取り持つ潤滑油のような側面があります。近年は人間関係を築くうえで、潤滑油としてのコミュニケーションの役割が一層大きくなってきました。それは言葉を「情報を伝達するもの」として考えると、情報として意味のないように思えるものがたくさんあるからです。

携帯メールを送り合うことでつながりを確かめる

 人の会話の7割くらいは、たわいないゴシップだと言われます。例えば、携帯電話で友だちとやり取りしたメールを調査してみると、待ち合わせの時間など必要な情報もありますが、その多くが、「今何してる?」「退屈~♪」といった、たわいないメッセージで占められていました。あいさつと同じように、これらのメッセージには必要な情報を伝える役割はありません。情報を伝えることよりも、「メールを送り合う」という行為の方が大切なのです。
 これは「プレゼント」と同じ役割だと言えます。プレゼントは中身も大切ですが、それよりも「贈る」という行為自体が、相手との関係をうまく取り持つために重要になります。つまりメールは、ある種、言葉の贈り物のようなもので、送り合うことでつながりを確認し、友だち関係を維持するという役割があるのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会学


人間科学部  准教授
辻 大介

先生の著書
メッセージ

 私が高校生だったとき、自分が何をやりたいのかわかりませんでした。研究の道を志したのは、一度、社会人になってからで、25歳くらいのときです。あなたは今、やりたいことが見つかっていますか? 目標や夢を持っている人も、もちろんいると思いますが、なかなか見つからない人もいるのではないでしょうか。今、見つかっていなくても、決して焦ることはありません。大学でそれを考えてもよいのです。高校生のうちから少しずつ、何がやりたいのかを考え始めて、ゴールを見つけていってください。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

テレビ局制作/新聞社記者/出版社編集/小売販売/国家公務員/地方公務員 ほか

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.