夢ナビWebセレクション

愛知教育大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 小学校、
  • 国語、
  • 児童文学、
  • 文学、
  • 子ども、
  • ごんぎつね

作者の周到な計算を知ればさらに楽しい『ごんぎつね』

今読み返せば新発見もある

 『ごんぎつね』は小学校の国語でよく扱う児童文学作品ですが、子どもの頃から年月も経過し、記憶が鮮明でない人も多いのではないでしょうか。ごんが銃で撃たれる最後の場面(大段落6)をわずかに覚えている程度、という声もしばしば聞かれます。しかし、今読み返せば、作者の周到な計算が見えてきて、子どもの頃にはわからなかった面白さに気づくこともあるはずです。

いわしを投げる場面に見る作者の周到な計算

 例えば、大段落3にある、ごんが村人の兵十の家の裏口からいわしを投げ込む場面です。大段落1で兵十が獲ったふなをいたずらで川に投げ込んだごんは、ふなの次にうなぎもつかみ出しているのですが、大段落2で兵十の母の死を知り、母に食べさせるはずのうなぎを自分が台無しにしたと思い込んで、大段落3で償いをはじめます。その第一弾が、いわし売りから盗んだいわしを兵十の家に投げ込む行為です。ちなみに、第二弾は、山で拾ってきたくりをそっと物置の入口に置く行為です。ふな→いわし→くり、あるいは、投げる→投げる→置く、このように構成した作者の周到な計算を知れば、ごんの変化をより理解しやすくなります。
 魚を投げる点では、ふなを投げるのも、いわしを投げるのも、同じです。前者がごんの荒れた心を表現しているとすれば、後者にも荒れたイメージの残存が認められます。償いのつもりでも、いきなり変われるものではありません。きつねと最も縁遠いはずのいわしも、まだ不慣れな償いの象徴としてぴったりです。いわしを投げる場面がふなを投げる場面とくりを置く場面の間にあることの意味を、よく考える必要があります。

ほかにもある周到な計算

 周到な計算としては、こんなのもあります。大段落1にはジメジメ・ヌルヌルした印象の描写が多く、ごんが反省へと至る大段落2以降、そうしたマイナスイメージの描写は見られなくなってきます。これも、ごんの変化と絡めて読めるところです。

1.0倍速 1.4倍速

山部赤人はなぜ歌聖か

夢ナビライブ2015 名古屋会場

アイコン

「いにしへ」は何を意味するのか

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 日本文学、国文学、国語科教育学


教育学部 国語教育講座 教授
田口 尚幸

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 あなたが「大学で日本の文学を学び、卒論もそれで書きたい」と考えるなら、選択肢は文学部だけとは限りません。私が教えている教育学部国語選修/国語・書道専攻には、国文学はもちろん、国語学、漢文学、国語科教育学、書道、そして、教育や他教科に関する講義などがあります。「将来は教師になりたい」とも考えているなら、一層お勧めです。なお、私は山部赤人・伊勢物語に関する動画講義や読み物を公開しています。ホームページ「愛知教育大学田口研究室」をご覧になれば、国文学に対するイメージが一変することもあり得ると思います。

先生の学問へのきっかけ

 大学では、関心のあった民俗学を学べると聞き、二年から国文学専攻に進みました。しかし、民俗学の授業がなく、「平安時代における和歌と絵画の結び付き」を卒論テーマにしました。大学院に進むと、今度は指導教授から民俗学を研究するように言われましたが、そんな時、ある歌集の成立事情について考察せよとの課題が出ました。修士論文の研究テーマにできる大義名分が立つと考え、必死で取り組みました。それが、今まで続いている『伊勢物語』の研究です。古典文学の研究でゾクゾクするのは、長い間誰も気づかなかったことを明らかにできた時です。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小・中・高の教員/公務員/一般企業

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.