夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08393

2つ目半額? 知らないと損をする医療制度の話

医療の価格はどのように決まるのか

 医療の価格というのは、どうやって決まるのでしょう? 例えばパソコンの値段は、同じ製品でも買う店によってかなり違います。しかし医療の価格は診療報酬という形で一律に決められているので、病院によって異なることはありません。それが基本です。
 しかし、診療報酬制度はとても複雑です。あなたは、入院する病院によって入院費が違うことを知っていますか。大きい病院は小さい病院に比べて1日7000円も高い場合もあるのです。規模の大きな病院は、医療機器や設備が充実していて、医師や看護師の数も多いのですが、入院費が高くなっているのです。病院によってこれほど入院費に差があることは、あまり知られていません。また、1つの病院で、内科と外科のように複数の診療科を同じ日に受診した場合は、2つ目の診療科の初診料・再診料が半額になります。

制度を知って申請することが重要

 同様の例はほかにもいろいろあります。同じ薬でも、処方せんを持っていく薬局によって支払う額が違ってきます。薬の値段は同じですが、薬局の規模によって薬事報酬が異なるからです。こちらは、大きな薬局のほうが若干安くなります。病院の前にある調剤薬局よりは、全国チェーンを展開している規模の大きな店の方が安いのです。
 また、あなたが怪我や病気で月に8万円以上の医療費がかかったとしましょう。この場合、「高額医療費」として8万円を超えた分のお金が戻ってきます。しかし、これには申請が必要です。高額医療費制度を知らなければ、本来戻ってくるべきお金がもらえないのです。

「医療経済学」で、よりよい制度を提言する

 こうした知識を、必要な人たちへ広く知らせるということが、医療経済学の役割の1つです。実は医療のプロでも知らない制度というのが、かなりあるのです。本来は戻ってくるべきお金が、制度を知らないために受け取れない人たちがいることは大きな問題です。そういった制度上の欠点を洗い出して、改善について提言するのも医療経済学という学問領域の役割なのです。

2つ目半額? 知らないと損する謎の医療制度

夢ナビライブ2017 仙台会場

アイコン

医療費はどうやって決まるの?

アイコン

高度な医療は保険が効かない?

アイコン

お金が戻ってくる制度がある?

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 医療経済学

東北福祉大学
総合福祉学部 福祉行政学科 准教授
佐藤 英仁 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 これからの日本は、労働人口が減り生産力が落ちるので、これまでの経済力を維持するのが難しい時代になります。人手を補うために機械化を進めればよいという考え方もありますが、医療や介護を支えるのはやはり「人間の力」です。福祉や医療の分野ではますます人材が求められることになるでしょう。
 あなたには、さまざまな人とふれあって、コミュニケーション能力を養ってほしいと思います。医療経済という分野の知識を生かして人の役に立ちたいという志を持っているなら、一緒に研究を深めていきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 大学では金融経済を学びましたが、大学院で福祉経済学の研究室に所属したことが、医療経済学の道へ進むきっかけとなりました。
 研究テーマの一つが、最近、特に地方で問題となっている医師や看護師不足の問題です。妻が出産するとき、お産できる病院の不足を肌で感じました。今は健康でも、医療や福祉の問題はいずれ自分や家族にも関わってくることですから、知らなかったではすまされません。また、健康保険について学生にアンケートをとったところ、ほとんどその知識がないことに驚き、若い人にもぜひ知っておいてほしいと感じました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁福祉職/病院相談員/福祉施設相談員

大学アイコン
佐藤 英仁 先生がいらっしゃる
東北福祉大学に関心を持ったら

 10月6日(土)に夢メッセみやぎで開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2018仙台会場」で、佐藤英仁先生が「2つ目半額? 知らないと損する謎の医療制度」というタイトルの講義ライブを11:50から実施!全部で139名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む99大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 http://yumenavi.info/live/sendai/(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる