夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08237

スマホで観るストリーミング動画が、高精細映像に進化するかも!

分け合っているので「理論値」の通信ができない

 アーティストの動画をスマホやタブレットで観賞中、映像がストップしたり、全画面表示にすると画像が粗くなったりして、イライラした経験はありませんか。私たちが使っているスマホの無線LANは、最大で約300Mbps、つまり1秒あたり300メガビットのデータ伝送が可能な設計ですが、実際には40~50 Mbps程度しか伝送されていません。一定容量の電波を常に複数ユーザーが「シェア」している状態なので、「理論値」通りのデータ量をやり取りするのは不可能なのです。

もっと圧縮できればテレビの楽しみ方も変わる

 ハイビジョン映像のデータ量は、約1.5G(1500M)bpsにも達します。映像や音声を大幅に圧縮し、電波を効率的に使用する技術を用いることで、膨大な量のデータを送っているのです。このように、「映像や音声を圧縮する技術」「それを高速に大容量伝送する技術」「圧縮した映像・音声を歪みなく復元する技術」がもっと進歩すれば、Wi-Fi接続でハイビジョン映像が楽しめるようになるでしょう。現在、72 Gbpsというスーパーハイビジョンの放送開始に向け、従来の2倍以上の圧縮率を実現する圧縮技術や、通信容量を大きくする技術の研究が進められています。スマホのストリーミング動画も高精細映像に進化するかもしれません。

無線だからこそ著作権保護技術も重要に

 ハイビジョン映像が無線LANで楽しめるようになると、本来は利用料金を支払ったユーザーしか見られない映画などが、電波が届く範囲にいるすべての人たちに「タダ見」されてしまうかもしれません。ですから著作権保護のために、伝送時には映像の解像度を低くするなどの対策が必要です。ただし、正規ユーザーはきちんとした高精細映像が見られるよう、完全に復元できる技術も必要です。
 一般家庭の無線LANで、ハイビジョン映像を楽しめるようにするには、データ圧縮と大容量伝送、さらに著作権保護の技術も進歩させる必要があるのです。

再生スピードを変更できます。

テレビや携帯電話を支える「デジタル」とは

夢ナビライブ2017 福岡会場

アイコン

「0」と「1」の情報送信の仕方

アイコン

身近なデジタル技術

アイコン

デジタルと暗号の関係

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 情報通信工学、画像工学

九州工業大学
情報工学部 情報・通信工学科(2018年4月 設置予定) 准教授
黒崎 正行 先生

先生の著書
メッセージ

 テレビを観るのは好きですか。何気なく眺めている地上デジタル放送には、データの圧縮や大容量伝送など、最新の技術がふんだんに導入されています。もし、無線によるデータ伝送などの技術ジャンルに興味を持っているのなら、いまのうちに、数学と物理の基礎をしっかり学んでおきましょう。
 加えてもう一つ、一生懸命勉強することも重要ですが、興味の原点となった「テレビを観るのが好き」という気持ちは大事に持っていてください。好きなことだからこそ頑張れる場面が、大学では数多くあるからです。

先生の学問へのきっかけ

 大学の工学部には、子どもの頃から機械いじりが大好きだった先生がたくさんいますが、私は機械にも電気部品にも興味を感じず、アニメやドラマを楽しむため、ヒマさえあればテレビの前に座っているという子ども時代を過ごしました。
 しかし、日本の半導体開発の歴史を取り上げたドキュメンタリー番組を観て、その技術力のスゴさや電子機器の魅力を初めて知り、電子技術について学ぶために高等専門学校に進学したのです。そこで学んだ知識と、もともとのテレビ好きとが合わさり、大学でデジタル通信を専門的に研究するようになりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

放送業界技術者/通信会社研究開発/電機メーカ研究開発

大学アイコン
黒崎 正行 先生がいらっしゃる
九州工業大学に関心を持ったら

 九州工業大学は、開学以来の理念である「技術に堪能(かんのう)なる士君子」の養成に基づき、世界をリードする高度技術者、すなわちグローバル・エンジニアの養成を基本的目標としています。21世紀COE(卓越した研究拠点)等さまざまなプログラム等に採択されており、着実な教育・研究の高度化を図り、今後も「知と文化の情報発信拠点」であり続けることを目指しています。また、「知の源泉」として地域社会の要請に応え、教育と研究を通して次世代産業の創出・育成に貢献する、個性豊かな工学系総合大学を目指しています。

TOPへもどる