夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.05340

心理学の視点から見る『千と千尋の神隠し』

千尋はなぜ名前を奪われた?

 スタジオジブリの代表作の一つである映画『千と千尋の神隠し』は、日本はもちろん、海外でも好評を博した作品ですが、なぜ多くの人の心を揺さぶったのでしょうか。さまざまな心理学の視点から考えてみましょう。
 この作品は、千尋という少女が大人の女性に変わっていく過程で、その心の中で何が起きているのかが描かれています。例えば、千尋はあちらの世界で、なぜ名前を奪われたのでしょう。名前というのは、大人になっていく上で、自分の生き方や背負うものと結びついた時に大きな意味を持ちます。成長した千尋は、最終的に名前を取り戻しますが、ここに大人としての自覚と責任を獲得するプロセスを見ることができます。

「カオナシ」は人の欲望を映し出す鏡

 登場人物の一人である「カオナシ」は、心理学的に「ペルソナ」の役割と言えます。ペルソナとは仮面のことで、人は対人関係の中で状況に応じて仮面を付け替える、つまり自分を変えることがあります。そこには、基本的に人間の欲求や欲望がからんできます。相手の欲求の鏡のような存在であるカオナシは、醜い欲望に相対すると恐ろしく変容しますが、金銭欲のない千尋に相対すると、対応できなくなってしまいます。人間には悪と善の部分があり、善が表に出ると悪は引っ込み、悪が前面に出ると善は引っ込みます。カオナシが、千尋やそのほかの人々と対峙する場面は、人間の善悪の見え方を象徴するものでもあります。

神の世界と現実の世界を結ぶトンネルの意味は?

 さまざまな経験を経て、少女から思春期の女性へと大きく成長した千尋は、映画の冒頭と最後のシーンで、その顔が大きく変わっています。トンネルを通ってこちらの世界へと戻ってきますが、このトンネルは産道であり、トンネルを出た千尋は生まれ変わったのだ、と考えることもできます。もちろん、宮崎駿監督がどこまで意図していたのかはわかりませんが、心理学を学ぶと、このような見方をすることもできるのです。

心理学の視点からみる『千と千尋の神隠し』

夢ナビライブ2017 仙台会場

アイコン

「トンネル」の役割

アイコン

釜爺の手はなぜ6本?

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 臨床心理学

東北福祉大学
総合福祉学部 福祉心理学科 教授
渡部 純夫 先生

メッセージ

 あなたは、高校生活を楽しんでいますか? 高校は3年間という短い期間ですが、いろいろなことにチャレンジして、楽しく過ごしてください。もし心理学に興味があるなら、できるだけ多くの本や映画、演劇などの領域で幅広い体験をし、その中でいろいろなことを感じ、考え、悩んでほしいと思います。そうすれば、これから心理学を学んだときに応用することもできますし、ほかの人のサポートにつなげることもできます。ぜひ、さまざまな体験をして、高校生活を楽しんでください。

先生の学問へのきっかけ

 高校時代に、わけもわからないままにパスカルの「パンセ」などを読み、人というものをどう考えればよいかについて悩みました。悩めば悩むほど余計わからなくなり、大学で人間を研究したいと思いました。でも、思い通りの学部には入学できず、挫折感も合わせて癒やす思いで、「人間科学」の世界に飛び込んだのです。そこで「心理学」に触れ、臨床の不思議さを実感しました。学べば学ぶほどわかったことは、「人の心は究極わからない」ということです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小・中・高学校スクールカウンセラー、病院・クリニックの臨床心理士、企業人事課職員、刑務所刑務技官、児童養護施設心理士、児童相談所一時保護職員、国家公務員、地方公務員、自衛隊駐屯地臨床心理士、一般企業社員

大学アイコン
渡部 純夫 先生がいらっしゃる
東北福祉大学に関心を持ったら

 10月6日(土)に夢メッセみやぎで開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2018仙台会場」で、渡部純夫先生が「アニメの登場人物に見る思春期の生き方」というタイトルの講義ライブを13:30から実施!全部で139名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む99大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 http://yumenavi.info/live/sendai/(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる