夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08781

学校の「体育」の授業は、何のためにあるの?

体育の授業をよりよくするために

 「体育科教育学」とは、小中高と学校で行われている体育の授業内容を、よりよくしていくための研究分野です。日本の学校教育の中に設けられている「体育」の授業は、そもそも何のために行われているのでしょうか? 体育の授業を担当する先生は、授業を通じて何を教えようとしているのでしょうか?

球技の3分類と、その目的とは?

 ここでは一例として、球技に関する授業について考えてみましょう。体育の授業では、種目ごとの特徴から球技を3種類のカテゴリーに分類して、カリキュラムを組んでいます。バスケットボール、ハンドボール、サッカー、高校からはラグビーも含まれる「ゴール型」、バレーボール、バドミントン、テニス、卓球などの「ネット型」、そしてソフトボールなどの「ベースボール型」です。学校教育での体育の授業の時間は限られているため、多くの種目に通じるエッセンスを児童・生徒に教えるために、このようなカテゴリー分けがなされているのです。
 例えばサッカーでは、ドリブルやシュートテクニックなどの個人のボール操作の技能に加え、チーム内でパスをつないでゴールに結びつけるにはどうすればいいか、という戦術面も教えます。それには思考力、判断力、仲間とのチームワークなどが必要ですし、主体的、あるいは対話的で深い学びもともないます。そうした学びで得た経験は、同じカテゴリーのほかの球技種目にも生かすことができます。

生涯スポーツの実現のために

 球技に限らず、学校体育で運動やスポーツの真の楽しさをしっかり学んでおけば、生涯を通じて、さまざまなスポーツに親しむ可能性を広げることができます。スポーツに取り組んでいると、ともすると安易な勝利至上主義に走ってしまいがちですが、生涯スポーツによる「健やかな生活と社会の実現」こそが、学校教育における体育の授業のめざす役割です。小学校や中・高の保健体育科の教師をめざす人は、まずそのことをしっかりと心に留めておく必要があるでしょう。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 体育科教育学

帝京大学
医療技術学部 スポーツ医療学科 助教
浜上 洋平 先生

メッセージ

 私は、「体育科教育学」という学問を研究しています。具体的には、体育の授業をよりよくするためには、教師はどんな力量が必要か、どのような授業を展開すべきか、などを研究する分野です。
 あなたも学校で体育の授業を経験してきていると思いますが、そういった授業で本来教えるべきことは何なのか、体育の授業で教わったことは将来どのように生きてくるのか、それらを学んだ上で教師をめざすことが大切だと思います。本学には、そのような教師を育成するカリキュラムが整っているので、ぜひ学びに来てください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から人に何かを教えるのが好きで、数学も好きだったので、将来は数学の先生になろうと考えていました。その一方で、ずっと水泳競技に取り組んでいて、トップレベルでの競技を続けたいと考えた結果、大学では水泳部に所属しながら、保健体育について研究するようになりました。
 体育の教員をめざす学生たちに「体育科教育学」を教えることで、自分の研究してきたことが、教え子である保健体育教師たちを通じて、より多くの子どもたちに届くようになることに、大きなやりがいと意義を感じています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小学校教員/保健体育科教員

大学アイコン
浜上 洋平 先生がいらっしゃる
帝京大学に関心を持ったら

 医療系・文系・理系と幅広い分野の10学部30学科を擁する総合大学です。文系学部を中心とした八王子キャンパスでは、約15,000人の学生が学んでいます。東京多摩丘陵の自然豊かな景観に位置し、キャンパスリニューアルにより新校舎棟「SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア)」が2015年9月完成。
 2017年11月には2期エリアが完成予定であり、「帝京大学総合博物館」をはじめとした、施設・設備が整備され、教育指針である「実学」「国際性」「開放性」を柱に、自ら未来を切り拓く人材を育成しています。

TOPへもどる