夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08731

知らず知らずの侵害に注意! ~複雑で難しい「著作権」~

文化祭のライブの曲にも著作権使用料?

 文化祭で学生がライブをするとき、演奏する曲の作詞・作曲者に著作権の使用料を支払う必要はないのでしょうか? 著作権法では、営利目的でない、入場料をとらない、報酬の支払いがない、という条件すべてに該当すれば、自由に演奏ができると示されています。しかし、ライブの出演者に報酬を支払うときは、たとえ入場料が無料であっても、手続きや著作権料の支払いが必要になります。ほかにも幼稚園の運動会でキャラクターの飾りを付けるのはOKなのか、企業の運動会ならどうなのかといった、著作権にまつわる判断は日常的に起きています。

完全な理解は難しい

 「著作権」は多くの人が知っている言葉ですが、その内容をきちんと理解している人は少ないのが現状です。著作権は「権利の束」と言われるように、さまざまな権利が合わさったものです。
 例えば音楽やアニメ作品などの著作物には、上演権や複製権、貸与権など、きめ細かい権利が著作者に与えられていて、関連するルールを1つにまとめているのが「著作権法」です。一方で、当事者同士で著作物の利用について契約を交わしていた場合は、著作権法よりも契約内容が優先されます。法律だけではなく、現場の経験も必要だからこそ、著作権をすべて理解するには膨大な時間がかかるのです。

求められる著作権を学んだ人材

 著作権の理解を難しくしているのは、法律だけではなく、商習慣と呼ばれるビジネスを行う上での慣習や、暗黙のルールがあるからです。インターネットを通じて世界中に作品を発信できる時代ですが、国ごとに当たり前と考えられる権利の理解には違いがあり、著作権トラブルは頻発しています。
 エンターテインメント業界に限らず、今や著作権の理解はさまざまな業種で必須のものになってきています。知らない間に著作者の権利を侵害していたばかりに裁判になったり、巨額の損害が出たりといったことがないよう、著作権について学ぶ人材の育成が求められているのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも メディア学

大正大学
表現学部 表現文化学科 教授
川喜田 尚 先生

先生の著書
メッセージ

 社会人に比べて自由な時間を作れる学生時代には、ぜひ本物に触れる経験を意識して作ってほしいと思います。特に本学のキャンパスの近くには歌舞伎や文楽、寄席など、さまざまな本物のエンターテインメントに日常的に触れられる環境があります。せっかくそのような環境があるのに、一度も足を運んだことがないのはもったいないことです。
 勉学の合間に本物に触れる時間を作り、教養を深めてください。その経験がきっと、社会に出てからも役立つ幅広い視野を養ってくれることでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 「ラジオ小僧」と自称するほど、ラジオが大好きな少年でした。大学卒業後は、夢をかなえて民間のラジオ放送局の編成部に就職しました。その後、ニューヨーク支局へ赴任していたとき、ニューヨーク大学附属の社会人向けスクールで放送について学んだことがターニングポイントになりました。
 このスクールでは、放送業界の現役社員などが講師となり、とても面白い授業が展開されていました。いつか自分も日本で放送業界の人間として、学生にエンターテインメントやメディアのことについて教えてみたい、と思うようになったのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

広告イベント会社企画営業/IT系企業営業/食品会社マーケティング/不動産会社一般職/金融一般職

大学アイコン
川喜田 尚 先生がいらっしゃる
大正大学に関心を持ったら

 10月7日(土)に夢メッセみやぎで開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2017仙台会場」で、川喜田尚先生が「著作権入門~エンタメは権利ビジネスだ~」というタイトルの講義ライブを11:00から実施! 総勢140名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む97大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 http://yumenavi.info/live/sendai/(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる