夢ナビWebセレクション

福島大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 歴史、
  • 戦国時代、
  • 戦国大名

中世の「徳政令」から見えてくる戦国社会の実像

中世の徳政令とは?

 「徳政令」というと、教科書で鎌倉時代の「永仁(えいにん)の徳政令」や室町時代の「徳政一揆」の話を聞いたことがあるでしょう。鎌倉時代から室町、戦国時代にかけて、当時の幕府や各地の大名などが、金融業を営む土倉(どそう)や蔵本(くらもと)、銭主(せんしゅ)などに対し、借金を帳消しにするように命じて困窮する御家人や農民たちを救済しようとした法令です。2017年のNHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも、今川氏の徳政令をめぐる井伊谷(いいのや)地域の情勢が描かれています。中世社会の特質の一つと言ってもよい徳政令を通じて、現代の私たちとは異なる中世の人たちのものの見方や考え方、当時の社会情勢などが見えてきます。

善政も強く意識した戦国大名

 戦国時代に各地に君臨していた戦国大名は、それぞれの領国を自らの実力で支配していました。とはいえ、戦国大名のイメージから想起される、上からの武力で押さえつけて支配するやり方ばかりではなく、領民を慈しむような善政を行うことで、領民からの支持を広くとりつけることも重視していました。徳政とは本来「善い政治」という意味ですが、災害や飢饉、戦争時などに「徳政令」を出すことも、戦国大名が領民に対して行う「善政」の一つでした。

徳政令から見える商業流通の発達と村・町の成長

 戦国時代の徳政令で興味深いのは、戦国大名が租税を集める蔵の経営に土倉、蔵本、銭主などの商業流通のプロたちも関わっていて、徳政令の対象にならないように保護されていることです。それだけ商業流通に関わる人たちの社会的な影響力が大きかったことを物語っています。彼らのような存在は歴史の表舞台にはなかなか現れてきませんが、中には村や町の自立や自治を支える人たちもいました。
 戦国時代というと、全国各地で戦国大名というご当地ヒーローが生まれた時代として親しまれていますが、実は私たちの身近な地域が歴史の表舞台に姿を現しはじめる時代でもあることを知ると、そこから学べることの大切さが見えてくるのです。

再生スピードを変更できます。

戦国時代にみる歴史学の学問的魅力

夢ナビライブ2017 仙台会場

アイコン

徳政令はいいもの?

アイコン

戦国時代は日本の転機

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 日本史学


行政政策学類 社会と文化専攻 教授
阿部 浩一

先生の著書
メッセージ

 私は「歴史学」を研究していて、専門は日本の中世、戦国時代です。福島大学行政政策学類には、その名前からはちょっと想像がつきにくいかもしれませんが、考古学から近代まで歴史を研究している先生がそろっているので、歴史学を専門的に学べる体制はきちんと整っています。
 私も、古文書学や博物館学芸員資格の授業を担当したり、東日本大震災で被災した歴史資料の保全活動に取り組んだりしています。歴史学や地域貢献に興味と関心がある人は、ぜひ一緒に勉強していきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃、祖父から昔の話を聞いて、歴史について自然と興味を持つようになりました。鉄道も好きで、電車に乗って寺社や史跡をめぐり、歴史への関心をさらに深めていきました。
 中学生になった時、社会を教えてくれた先生の授業に知的好奇心を刺激され、歴史の魅力を伝えていける仕事につきたいと考えました。そして日本中世史の高名な教授のもとで学びたい一心で大学に進学し、当初は高校の日本史の教員をめざしていましたが、自分で歴史像を考え、創りあげていく研究の面白さに魅了され、結果的に研究者の道に進むことを選びました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

地方公務員(県市町村、文化財担当)/中学校社会科教員など

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.