夢ナビWebセレクション

東北文化学園大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 看護師、
  • 医療、
  • 看護、
  • 地域医療、
  • 厚生労働省、
  • インフラ、
  • 特定看護師、
  • チーム医療

特定看護師が、チーム医療のキーパーソンとして期待されている!

医療・看護の質向上を担う、特定看護師とは?

 看護師の仕事は「療養上の世話」と「医療の補助」で、特に日本ではこれまで、入院患者さんの症状を観察したり、環境の整備や食事の世話などといった「療養上の世話」が本来業務とされ、「医療の補助」は医師の指示のもとに行うため、実施できる医療行為の範囲が限られていました。
 その範囲を拡大しようと始まった取り組みが、「特定看護師の研修制度」です。正看護師として5年以上の経験があることなどの条件をクリアした人が、高度な知識と技術が特に必要とされる呼吸器の気管チューブや心臓のペースメーカーの操作、管理などの「特定行為」について、指定研修機関で2年間の教育を受け、試験に合格すれば特定行為を行うことが認められます。

これからの地域医療で活躍が期待されている

 高齢化による医療と介護のニーズが増える一方、地域医療における医師不足は深刻です。これまで医師の指示なしでは行えなかった医療行為ができる特定看護師が増え、地域の医療現場で活躍できれば、安全で効果的な医療や看護を、効率的に提供することが可能になります。それは地域医療を支え、在宅療養を望む患者さんの安心にもつながると、期待が高まっているのです。

医療現場で求められる優秀な看護師

 医学の進化は著しく、新しい治療法や技術開発の目覚ましい分野です。例えば高度化が進む外科手術の場や、迅速な処置と対応が必要な救急医療の現場で、医師と患者さんをつなぐ看護師には高い知識と技術が求められ、特定看護師の育成が急務とされています。特定看護師は、医師と看護師などの医療の専門職を1つにまとめる、チーム医療の要としても注目されています。
 厚生労働省は2025年までに10万人以上の特定看護師を養成する意向を示しています。医療の「真ん中」で、地域医療の核として、エキスパート看護師ともいえる特定看護師の活躍は、社会インフラの一角を担う重要な存在として、大きな期待が寄せられているのです。

多職種連携・チーム医療で支える看護を学ぶ

夢ナビライブ2017 仙台会場

アイコン

これからの医療の課題

アイコン

診療看護師の重要性

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 看護学


医療福祉学部 看護学科 教授
渡邊 隆夫

メッセージ

 看護師になりたいあなた、看護師としての経験を積みながら、さらにステップアップできることを知っていますか? 東北文化学園大学のナースプラクティショナー(NP)養成分野は、厚生労働省に指定された研修機関として、高度な知識を持つ「特定看護師」の育成にも取り組んでいます。特定看護師を必要としている現場は非常に多く、その必要性を痛感しています。
 「医療現場のインフラを自分が担うんだ!」という心意気を持って、まずは看護師になることをめざし、学びに来てくれることを期待しています。

先生の学問へのきっかけ

 父が医師だったこともあり、医師という職業はやりがいのある仕事だと思い、同じ道を進み、心臓血管外科医として、また救急医療の現場でも長年活躍してきました。
 その経験から、医師と患者が向き合う医療の現場をコントロールし、チームとして機能させるのは「看護師の技量次第だ」と考えるようになりました。また、目覚ましい進歩を続ける医療をスムーズに行うには、医師の成長は当然ですが、優秀な看護師の存在が欠かせないと痛感したことが、教育者として看護師育成に携わるきっかけになりました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.