夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.08633

精神疾患の患者さんを支える「精神看護学」

後れている日本の精神疾患の地域医療

 「精神看護学」とは、うつ病などの精神疾患によって、生活に支障をきたす人をサポートする看護の一分野です。患者さんへのサポートが必要なのは入院している間だけではありません。退院後のケアがとても大切ですが、地域に戻ってから誰がサポートしていくのか、という問題があります。日本でも地域に戻った患者さんと関わり合うデイサービスのようなサポートも増えてきており、連携を深めていくことも大切です。投薬についても日本国内ではまだ賛否がありますが、向精神薬も進化していて、副作用が少なく安心して使用できるものも増えています。しかし、その判断も病院によってさまざまです。昔から入院期間が短かった欧州諸国に比べて、精神疾患の地域医療で日本は後れを取っているのです。

患者さんをサポートすることの難しさ

 精神看護学は、患者さんが快適に過ごせる環境づくりをサポートしていく分野でもあります。部屋の明るさや温度を、その人に合った状態にすることも、サポートの範囲となります。
 手術など外科的なことは医療分野で決定することが多いですが、看護分野は言葉をかけるタイミング一つで、患者さんの状態も変わってくる難しさもあります。

看護師自身の成長も求められる

 例えば、仕事を頑張りすぎてうつ病を発症した場合、「そうなる前に、その状況から抜け出せればよかったのに」というのは早計です。各個人で発症に至るストレスのしきい値(最小値)が違うので、見極めるのが難しいからです。その人の感じているストレスの状況を的確に知ることが重要なのです。患者さんの状況を理解できるようになれば、信頼関係を築くことができます。
 患者さんの心を癒やすには、長い時間がかかりますし、ケースバイケースで正解は一つだけとは限りません。精神疾患の患者さんをサポートする精神看護学は、とてもやりがいがあり、看護師自身の成長が常に求められる分野でもあるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 精神看護学

宇部フロンティア大学
人間健康学部 看護学科 教授
佐藤 美幸 先生

メッセージ

 近年、「精神看護学」の分野は飛躍的な発展を遂げており、精神疾患の患者さんが日常生活に戻れる場面が増えています。どのようなメカニズムで心の病気になるのかについて、昔よりも解き明かされる部分が増えているからです。
 精神疾患の患者さんが不安になるような場面に出くわしたとき、看護師はその不安を取り除くための環境づくりをしながら、患者さんや病気に対する理解を深めていくことによって、患者さんの心の平穏をサポートしていきます。そんな素晴らしい学問である精神看護学を一緒に学んでみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 「精神看護学」という、統合失調症などの心の病の看護に関する研究をしてきました。看護の世界に入ってから、一度は救急看護の分野を選んだこともありましたが、誰もがかかる可能性のある精神疾患の看護の分野に戻ったのです。
 精神疾患は、ストレスがきっかけとなって病にかかってしまう可能性もあり、患者さんの様子を把握しながら、声かけひとつで症状が良くなっていく場面もあります。また、健常者が心の病気や精神疾患の患者さんへの理解を深めることで、患者さんの生きやすい環境が広がっていくことにつながります。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

看護師/保健師/養護教諭

大学アイコン
佐藤 美幸 先生がいらっしゃる
宇部フロンティア大学に関心を持ったら

 10月21日(土)にマリンメッセ福岡で開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2017福岡会場」で、佐藤美幸先生が【こころの健康について考えてみよう】というタイトルの講義ライブを11:50から実施! 総勢145名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む114大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 http://yumenavi.info/live/fukuoka/(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる