夢ナビWebセレクション

の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 旅行、
  • 航空業界、
  • 航空会社、
  • LCC、
  • 空港、
  • 法律、
  • ビジネスチャンス、
  • 外資

日本の格安航空会社をしばる足かせとなっているものは?

東京~札幌間が5000円以下!

 既存の大手航空会社がほぼ独占していた航空業界に1996年にスカイマークが参入し、その後、LCCと呼ばれる格安航空会社が就航しました。東京~札幌間が片道5000円以下、韓国や香港などにも片道1万円以下で飛べるなど、旅行が身近になりつつあります。しかし、ヨーロッパや東南アジアを中心に海外では、LCCのシェアが3~4割なのに対し、日本は約1割と非常に少ないのです。

日本にLCCが普及しないわけ

 その理由の1つに、「外資規制」があります。国内の航空会社は外国資本を3分の1以下にしなければいけないという決まりがあり、現在就航しているLCCも既存大手の会社と外国のLCCが出資して、会社を作っています。EUでは外資規制がなく、東南アジアやオーストラリアでは規制が緩いため、例えばアイルランドの会社がイタリアの国内線を飛ばしているのですが、日本ではこうしたことはできません。
 また、海外の大都市では、大空港とは別に二次空港と呼ばれる小型空港があり、LCCに利用されているケースが多いのですが、日本の場合、二次空港がなかったり、使い勝手が悪かったりするのも理由の1つです。ほかにも国民性や習慣などの理由を考慮して考えても、法律などの規制の厳しさが、大きな足かせになっていることは間違いありません。

法規制を打ち破れば、ビジネスチャンスが生まれる

 日本の強い法規制には、国内の既存企業を守るという戦後からの流れがあります。また、こうした法規制は航空業界だけではなく、流通や医療、教育など、さまざまな分野にもあります。もちろん、国民の生活を守るために最低限必要な部分はありますが、既得権を持つ人や会社だけが恵まれた状態になることは、本来のあるべき姿ではありません。
 宅配便もスカイマークも既存の制度を壊して生まれ、大きなビジネスになり、国民全体の生活も便利になりました。法規制を打ち破ることは、新しいビジネスが生まれるチャンスでもあるのです。

再生スピードを変更できます。

なぜ発展しない? 日本の格安航空会社

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

LCCは、なぜ生まれた?

アイコン

日本でLCCが発展しないワケ

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経済学


グローバルマネジメント学部 グローバルマネジメント学科 教授(就任予定)
中条 潮

メッセージ

 あなたには、特定の産業の特色ではなく、いずれにも共通する経済の基本的なメカニズムを学んでほしいのです。例えば、「新規参入する会社はどのような経営戦略をとるべきか」あるいは「国は民間企業に支援をすべきか否か」といった、どの産業にも共通する課題を議論し、学ぶことで、基本的なメカニズムを理解することが大事です。
 そして、もう一つ、世界に目を向けましょう。私たちの生活は、必ず世界とつながっています。日本だけで物事を考えることはできない時代です。何を学ぶにも、グローバルな視点を持ちましょう。

先生の学問へのきっかけ

 小学生の頃から「大学の先生になりたい」という夢を持っていました。
 その理由の1つは、父も大学の先生で、いつも朝寝坊をしている姿を見ていたからです。
 最初は歴史の先生になりたかったのですが、「経済を研究すれば、歴史も学べる。ローマ帝国が栄えたのも、滅びたのも経済学で説明できる」と勧められ、経済学を研究することにしました。
 その後、大学で教員をするかたわら、国の規制改革の委員を務めたり、航空会社スカイマークの設立に関わったりしました。そんな生活を送っているので、朝寝坊をしている暇はありませんでした。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

総務省/国交省/公正取引委員会/放送局/新聞社/都銀/地銀/外銀/信託銀行/生命保険/損害保険/総合商社/ITコンサル/人材コンサル/航空会社総合職/空港会社/パイロット/客室乗務員/海運会社/メーカー/医師/教員/自営業

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.