夢ナビWebセレクション

宇都宮大学 工学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • ディスプレイ、
  • 3次元(3D)、
  • 拡張現実(AR)、
  • バーチャルリアリティ、
  • 映画・シネマ、
  • 自動車、
  • 広告、
  • 演出、
  • 映像、

空中に3D映像が浮かび上がる! そんな未来がすぐそこにある

空中に映像を浮かび上がらせる技術

 映画『マイノリティ・リポート』や『アイアンマン2』に出てきた、3D映像に触れながら操作する様子は、いかにも未来のディスプレイという感じがするでしょう。しかし現在、何もない空間に映像を浮かび上がらせる技術は、どんどん開発が進み、私たちの身近なところで、すでに実用化されようとしています。
 現在、開発が進んでいる空中ディスプレイの1つに「再帰反射シート」を使った技術があります。再帰反射シートは道路標識などに使われている、光の来た方向に光を返す特殊な仕組みを持つ反射材です。ガラス板の下にこの反射材を敷き、スマホなどの画面を置くと、画面のレプリカがガラス板の上に浮かび上がるのです。

産業界で注目されるメリット

 空中に映像が浮かび上がる技術は産業界でも注目を浴びています。例えば自動車業界では、自動運転化が進む中、車内で映像を楽しむ手段としてこの技術の実用化が進んでいます。車内に突起物を増やすことなく、スクリーンを眺めるように浮かび上がる映像が楽しめるので、安全上もスペースの有効活用という意味でも有意義な技術と言えるでしょう。
 トンネルや地下鉄の中でのデジタルサイネージへの活用も注目されています。これまで看板を立てられなかった場所でも、この手法なら、空気の流れを遮ることなく広告表示ができます。「通り抜けできる広告映像」も実現可能です。
 目の前の物体に注釈を重ねて表示する拡張現実感(AR)やゴーグルをかけることなく目の前に映像を形成する仮想現実感(VR)技術を可能にするスクリーンとしても実用化が期待されています。

さらに感じるエンターテインメントへ!

 人は見たことのない演出にインパクトを感じるものです。飛び出す映像は舞台演出やコンサートといったエンターテインメントでも活用され始めています。映像だけではなく、この技術の延長線上として、輻射熱の赤外線を集めることで「触ると温かい」広告も開発されつつあるのです。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 光工学


工学部 情報工学科 准教授
山本 裕紹

メッセージ

 光を研究していて面白いのは、「目で見ているものが、なぜこんなふうに見えるかがわかるようになる」ことです。「虹はなぜ七色に見えるのか」「空の色は本当に青いのか」、あるいは「魚や昆虫の目から見て世界はどう見えるのか」、これらの理解は産業にも応用されています。光の色が違うのは波長が違うからで、波長の違いで、化学物質や細胞の様子がわかります。
 人間は光を使って多くの情報を得ています。私は、光を利用して、より豊かな情報インタフェースを創り出すことをめざして研究を続けています。

先生の学問へのきっかけ

 光(ひかり)工学、特に「ディスプレイ」の研究の分野に興味を持つきっかけとなったのは、大学の学園祭でした。所属していた工学部では4年生の卒業研究を決める前に、学園祭で「技術展示」という形で、学んだ技術を応用して展示するのが伝統になっていました。
 そこで仲間と、何か面白いことをしたいということで思いついたのが、3D映像を浮かび上がらせる「ホログラム」という展示でした。その展示を見た人からの評判がとてもよく、実際に製作しながら、光というものの面白さも実感することができたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

自動車メーカー研究員/大学研究員/大手電機機器メーカー企画/印刷会社研究/インフラメーカー設計/通信会社SE/光電子部品メーカー開発/総合電機メーカー開発/光学メーカー設計/医療機器メーカー開発

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.