夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 法学、
  • 魔法、
  • 売買契約、
  • トラブル、
  • 法律、
  • 債務不履行、
  • 未成年、
  • 損害賠償、
  • 解釈

「トラブルを解決できない」、そんなときは魔法を使おう!

トラブルに巻き込まれたら法律を考える

 友だちとの約束の時間を守らないからといって、何か社会的な制裁を受けることはありません。しかし、お金を支払ったのに商品が届かない場合は違います。販売した側には商品を送る義務が生じ、購入者は商品を送るように要求できます。このとき、相手を説得して商品を送らせるのは大変な負担です。そんなときに便利なのが法律です。「債務不履行で訴える」と言えば、それだけで相手は商品を送ってくるかもしれません。債務不履行とは、行うべき義務をはたしていないということです。それでも送らない場合は、裁判所に訴えて、強制的に義務を履行させます。

法律には国の強制力が働く

 友だちとの約束と売買契約で異なるのは、トラブルが起こった場合、法律に基づき国の強制力が働くか否かという点です。商品が送られてこない場合、実力行使で相手から商品を奪い取らなくても、同じことを国がやってくれるわけです。不利益を受けた側にとっては、一挙に問題が解決するので、こんなにうれしいことはありません。法律は、まさに魔法のようなものです。
 ただ、法律は、文字どおりに適用すればよいというものでもありません。例えば、未成年者が飲酒することは禁じられていますが、正月にお屠蘇(とそ)を飲んだら補導されるのでしょうか。いくらなんでも、これは行きすぎです。

法律の運用には妥当な解釈が求められる

 そこで、法律を現実に適用する場合は、「解釈」が必要になります。上記の場合は、「非行につながる飲酒は許されない」と解釈すべきかもしれません。
 また、世の中には無数のトラブルがあります。不利益を受けた側は、相手に原因がある場合、不法行為として損害賠償を請求できます。しかし、具体的にどのような行動が不法行為になるかは、法律のどこにも書かれていません。法律は確かに魔法ですが、条文をそのまま読むだけでは、魔法の効果は発生しません。過去の事例(判例)などを参考にして、条文を解釈する必要があります。この解釈こそ、法学・法律学の面白さです。

再生スピードを変更できます。

法律は「魔法」! でも使い方にコツがある

夢ナビライブ2017 福岡会場

アイコン

「民法415条!」は魔法のことば!? 

アイコン

法学は難しい? 暗記する学問?

アイコン

「法解釈」とは

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 法学、法律学


法学部  准教授
山下 慎一

メッセージ

 法学や法律についてのイメージを尋ねると、条文の暗記が大変そうとか、イメージがわかない、堅苦しくて難しそうといった答えが返ってきます。
 でも、実際には条文の暗記なんてしません。大事なのは、「考え方」です。イメージがわかない人は法律を魔法の呪文みたいなものだとイメージしてみてください。なんだか、楽しそうで簡単そうに感じませんか? 法学部で、法学の面白さと楽しさを伝えたいと思っています。

先生の学問へのきっかけ

 あなたにとって法律は身近なものではないかもしれません。しかし、何かトラブルに巻き込まれると法律問題に直面します。普段から法律について考えるのは、決して無駄なことではありません。自己の生活や国家の在り方、権利や義務など、生きていく上で必要なことを考えることにもつながるのです。
 私は、社会保障法を研究しています。1つの分野を専門にするよりも、法全体について研究したいという望みがありました。社会保障法は、憲法や民法、法哲学といった広範囲な問題を含んでいるからです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公務員行政職/銀行総合職/警察官/ベンチャー企業システムエンジニア/小売店営業

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.