夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 健康寿命、
  • 個人情報、
  • 地方公共団体(地方自治体)、
  • 健康、
  • 医学、
  • データ、
  • 健康診断

健康診断データの活用法について考えよう

健康診断データを集める

 健康診断を受けたことがありますか? そのデータはとても大切な個人情報なので、慎重に取り扱う必要があります。その一方で、健康診断のデータは医学的にも価値があり、人々の健康増進に役立てることができます。どのようなものを食べ、どういう病気にかかっているのかというような分析をすれば、病気の発症を未然に防ぐことができる可能性があるからです。

「個人情報保護」という課題

 地方自治体では、さまざまな個人情報の管理を行っています。全国には2000ほどの「個人情報保護」の条例があり、情報の取り扱い方が異なります。そのため住民の健康データの収集は難しく、せっかくのデータを活用しきれていないのが現状です。例えば「認知症になった人が、どのような生活を送っていたか」というような医学的データを収集し、分析することは認知症のメカニズムの解明に役立ちますが、誰が認知症になったかという事実は慎重に取り扱うべき情報です。こうした問題を法的にどう解決するか考える必要があります。個人情報保護法を守りながら、どのように情報を活用していくかがポイントです。

新しい治療方法の発見のために

 がんについては、「全国がん登録」という制度が確立し、がん患者のデータが全国で管理されています。がんの検診、治療の効果、がん生存率など、精度の高いデータを効率的に集めて、素早く発表できるようになりました。これは、「がん登録等の推進に関する法律」に基づいています。このようなデータの収集は、医学研究の発展につながり、難病に苦しむ人に新しい治療法を提供できる可能性があります。
 日本の平均寿命は世界的にもトップレベルですが、健康上の問題がない状態で生活を送れる期間である「健康寿命」との差は10年ぐらいあります。人々は健康でなくなってから、さらに10年ほど生きるわけです。平均寿命と健康寿命の差をいかに埋めるか、解決のヒントは健康データの分析によって、見つかるかもしれません。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 公共政策学、生命倫理学


地域学部 地域学科 地域創造コース 准教授
丸 祐一

メッセージ

 地域について考える上では、さまざまな視点を持つことが必要です。鳥取大学地域学部地域学科地域創造コースでは、法律や地理、経済学など、各分野の先生が地域についての講義を行っています。あなたが研究したいテーマを持ち、勉強したいという意志を明確に持てば、必要な手法を学ぶことができると思います。
 そのためには今のうちから、自分の地域について関心を持つことが大切です。地元のお祭り、自治会、子ども会活動などが地域でどういう役割を担っているのか、考えてみてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は大学に入るまでは地方公務員になろうと思っていました。ところが、大学入学後、哲学や社会学の授業受け、自分の価値観が変わってきました。人にとって死とはどのようなものであるのかについて生命倫理の観点から考えるようになりました。
 人はいずれ死ぬ存在ですが、できるだけ長く健康な状態を維持したいものです。そのためには医療技術の進歩が望まれますが、それが暴走しないように「倫理」の観点から考える必要もあります。倫理や法律の視点で人々の生命を担う医療を考えることが必要だと思い、研究を続けています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.