夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 心理学、
  • フロー(心理学)、
  • 無意識、
  • 行動、
  • ポジティブ・シンキング、
  • 勉強、
  • 意識、
  • 時間

「無意識」の行動から生まれるものは?

物事に集中すると、時間が早く過ぎる!

 「気がついたら、あっという間に時間が経っていた」という経験はありませんか? 好きなことをしていると、時間が早く過ぎるように感じます。このように物事に没頭して、ワクワクした高揚感の中にいる状態を、心理学では「フロー(Flow)状態」と言います。子どもの頃は、よくこのような状態になります。無心に何もかも忘れて、夕方まで遊んでいる子どもはフロー状態にあるのです。

熱中することで満足感が得られポジティブになれる

 成長するにしたがって、物事を客観的に考えるようになるため、フロー状態になることは減っていきます。それでも、スポーツや学習、趣味に没頭し、我を忘れることもあります。「将来のために、今、この勉強をしなくては」という義務を感じるのではなく、勉強している内容そのものが楽しいという状態になると、効率も上がります。
 スポーツ選手の場合は、競技に集中し、フロー状態になることが多いでしょう。熱中した状態を経験すれば、たとえ結果が出なくても、満足感を得られる可能性が高くなります。フロー体験は、人をポジティブな気持ちにさせる効果があるとされています。子どもの頃にフロー状態を経験していれば、大人になってから、人生のさまざまな瞬間にそれを再び経験することができます。フロー体験は、頭で考えるというより、「無意識」に行われるものなのです。

あなたが「無意識」にしていることは何?

 私たちは、自分の行動をすべて、「自分が意識をして、行っている」と思いがちですが、フロー状態のように、実は無意識のうちに行動する場合も少なくありません。「うっかり、〇〇をしてしまった」ということもありますし、頭の中に、前後の脈略なく、ふっと何かの言葉が浮かんでくることもあります。いつも自分の意識を自分でコントロールしているとは限らないのです。無意識という状態にもっと注目してみると、思わぬことに気づくことができるかもしれません。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 心理学


地域学部 地域学科 人間形成コース 准教授
田中 大介

メッセージ

 私の専門は、「心理学」です。発達心理学、認知心理学の分野で、子どもの心の発達、大人の無意識な状態での学習などをテーマに研究をしています。心理学は、自分の心を見つめ、さらに人とのつながりを深めることに役立つ学問です。私たちが無意識にしていることは、意外にも深い意味を持つ場合もあり、興味は尽きません。
 私の研究室では、学生の興味と関心を重視しており、彼らはさまざまな分野の研究テーマで論文を書いています。自分のやりたいことを決めて入学し、それをぜひ実践してください。

先生の学問へのきっかけ

 小学校の文集には「魚類学者になりたい」と書きました。魚釣りや集めたものを細かく考えるのが好きだったからです。高校入学後は法学部志望でしたが、高校3年生の時に、心理学に興味を持ちました。
 音楽や映画も好きだったので、人間を法律だけではなく、「情」の部分で考えてみるのも面白いのではないかと考えたからです。法律では、してよいこと、悪いことの規範が決められていますが、「自分の中での規範はどう決めるのだろう」とも考えました。明文化されない、モヤモヤした人間の心の動きに興味を抱いて、研究を続けています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

小学校教員/公務員/団体職員/人材派遣会社営業/アパレル関連会社営業/鉄道会社/IT企業SE

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.