夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • まちづくり、
  • 都市、
  • 生活、
  • 日本、
  • ライフスタイル

誰にも「住み良く」「快適で」「安全・安心な」まちづくりのために

質の高い生活を実現するには?

 まちづくりは、生活と深く関わっています。欧米では1970年代から「住み良いまち」という意味の「リバブル・シティ (Livable City)」という都市のあり方が提唱されてきました。リバブル・シティの考え方では、治安、教育、文化、経済、インフラなど、さまざまな要素から、人々が満足する「生活の質(Quality of Life)」が実現できているかを考えます。

どんな「ライフスタイル」を求めるか

 日本の地方都市は、車が交通手段の中心となっている地域が多く、車がないと買い物や通勤など日常生活に支障をきたすことも少なくありません。とはいえ海外と比較すると、日本は大都市か地方かにかかわらず、とても便利な国です。24時間開いているコンビニやファミリーレストランがあります。
 一方、フランスなどでは、多くの店は日曜に営業していません。労働者の与える休日は、観光地などを除いて、原則日曜日と法律で定められているためです。また夜間の営業にも厳しく、日本に比べ閉店時間はとても早いです。法律を改正して休日にも営業できるようにしても、お客さんがほとんど来なかったというのはとても興味深い話です。このように便利さに振り回されないライフスタイルが、フランスの多くの人に浸透しています。確かに24時間営業の店は便利ですが、そこでは週末や夜中にも働く人が必要です。便利さの裏側で、働き方、暮らし方にひずみがないか考えていく必要があります。

課題を世界の人々とともに考える

 他方でまちづくりを考えるとき、グローバルな視点も大切です。高度成長期に日本で起こった公害や大都市への人口集中などの問題は、現在アジアなどのほかの国々でも起こっています。日本のそうした問題への対策の経験が、ほかの国の同様の問題の解決に貢献することも可能なはずです。とりわけ地球温暖化や地域の持続可能な発展に、個々の地域でのまちづくりの取り組みは貢献できます。そのためにも、世界規模で知恵を出し合い、協力することが望まれているのです。

1.0倍速 1.4倍速

誰にも住みやすく、安心なまちづくりとは?

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 地域学、都市地理学


地域学部 地域学科 地域創造コース 教授
山下 博樹

先生の著書
メッセージ

 私の専門は「都市地理学」で、世界のさまざまな都市の住み良さについて研究しています。いま、日本の地方都市は人口減少の影響で多くの問題を抱えています。実際に街を調査し、学生と解決方法を考えています。
 私は、東京の郊外に生まれ、人口の増加と共に地域が変わっていく様子を間近に見て、都市に興味を抱くようになりました。自分の住む地域に愛着を持ち、人口減少に負けない魅力ある街にしたいと感じている人たちと研究をしたいと思っています。あなたも一緒にどうですか。

先生の学問へのきっかけ

 高校生のとき、南極大陸の写真集を見て、神秘的な世界に驚かされました。そして、自分の知らない地域への関心がどんどん膨らみ、大学では地理学を専門に学ぶことにしました。地理学は、高校までは教科書や地図、統計資料からの知識の習得が中心ですが、大学では実際に現地に出かけて自ら調べます。私も大学1年の授業で、4日間かけて、青森県から宮城県まで、所々で聞き取り調査を体験しながら教授と旅をしました。今でも初めて訪れる街を歩くとワクワクします。私もいろいろな街を歩き、調べる楽しさを伝えていきたいと思っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

地方公務員 住民とのまちづくり・産業振興・都市再開発・観光開発・防災など/中学・高校教員/マスコミ取材/金融機関営業/コンサルタント調査/旅行会社ガイド

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.