夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 植物、
  • 農作物、
  • 塩害、
  • 食料・食糧、
  • 養殖、
  • 水耕栽培、
  • 地下水、
  • 環境保全

乾燥地で農作物を作るための、画期的な仕組みとは?

乾燥地の地下水には塩分が多い!

 世界の陸地の約40%が乾燥地です。植物が育ちにくい乾燥地に住む人々は、食料不足に悩んでいます。乾燥地は降雨量が少ないだけではなく、植物が育ちにくい理由のひとつとして、「地下水に塩分が多い」ことが挙げられます。この水を直接、畑にまくと塩害が起こり、作物の生育が悪くなるのです。このような乾燥地で、食料を生産する研究が進められています。

魚を利用して農作物を作る?

 まず、乾燥地の水を使って、魚やエビを養殖します。塩分を含んだ水の中でも、耐えられる種類の魚やエビです。飼育に使われた水の中には、魚やエビの排泄物やエサに由来する窒素やリンが残されます。窒素やリンは作物の養分になりますが、塩分の濃度は変わりません。
 次にこの水の中で、好塩性作物といって、塩分を吸収して生育することができる特殊な作物を水耕栽培します。好塩性の作物には、フダンソウ、スアエダ・サルサ、コキア、テーブルビート、サリコルニアなどがあります。すると、水の中の窒素、リン、そして塩分をこの作物が吸収してくれるので、最終的にきれいになった水は畑に利用できます。それによって、土壌の塩分濃度を下げるのです。

環境保全にもつながる技術

 こうした、魚の養殖(Aquaculture)と水耕栽培(Hydroponics)をくっつけた生産システムを「アクアポニックス(Aquaponics)」と呼びます。このシステムを活用することで、水の効率的な利用ができるのです。さらにアクアポニックスは、太陽光パネルと組み合わせると、電気が通っていない地域でも試みることができます。広い地域でアクアポニックスを行うことができれば、食料生産に困っている乾燥地の人々の役に立ちます。
 こうした取り組みは、農作物に関する研究者だけではなく、土壌学や水、塩、魚などの専門家といった、さまざまな分野の人々との協力によって進められているのです。

再生スピードを変更できます。

乾燥地における養殖と作物栽培の結合技術

夢ナビライブ2017 大阪会場

アイコン

塩害による症状、その実際の画像

アイコン

乾燥地に対する栽培法アクアポニックス

アイコン

更に塩に強い、新しいアクアポニックス

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 植物栄養学


農学部 生命環境農学科 国際乾燥地農学コース 教授
山田 智

メッセージ

 ぜひ、大きな夢を持ってください。
 例えば、「乾燥地」と聞いて、何を想像しますか? 沙漠や、食料に困っている人でしょうか? 沙漠化の防止を実現し、食料を生産するには、農作物に関する研究者だけではなく、土壌学、水、塩、魚などの専門家といったさまざまな分野の人々との協力が必要です。自分の専門性を高めて、力を持つ研究者になれば、このようなプロジェクトにも参加できます。ぜひ、研究にロマンを感じて、武器を身につけてください。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の時には、森林保護、飢餓撲滅に関心を持っていました。大学では、世のため人のために尽くし、飢餓に苦しむ人を助けたいと気持ちが芽生えました。さらに大学院では、自分のスキルを高め、強みにしていくことが必要だと考えるようになりました。「植物栄養学」の研究を志したのはこの頃です。
 その後、JICA(国際協力機構)の専門家としてフィリピンに行き、肥料の研究に携わり、現地の皆さんと貴重な交流ができました。現在は植物栄養学の研究者として、世界の乾燥地に貢献できるよう、学生の皆さんと研究に取り組んでいます。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

種苗会社開発/芝会社研究開発/地方公務員農業技術/食品会社営業/農産物生産者生産

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.