夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 薬・医薬品、
  • 細胞、
  • がん(癌)、
  • がん細胞、
  • ドラッグデリバリーシステム、
  • ペプチド、
  • 細胞膜、
  • 植物

がん治療への期待が高まる、がん細胞に薬を運ぶ物質とは?

細胞膜を通過するのは難しい

 動物の細胞には膜があり、外側から中にものが入らないようになっています。これは体の中に異物を入れないようにするためには、必要な構造です。ところが、薬などを、細胞の中へ届けたい場合もあります。そんなときに、何か方法はあるのでしょうか?
 最近の研究で「ポリヒスチジン」というペプチドは、細胞の中へ入りやすいことがわかりました。ペプチドというのは、アミノ酸が2つから数十個つながった化合物のことです。ヒスチジンはアミノ酸の一種で、ポリヒスチジンはヒスチジンがたくさんつながったものです。ヒスチジンは多く連なるほど、細胞膜を通過しやすいことが明らかになり、特に16個以上であると細胞膜を透過する能力が高くなります。

がん細胞の中へ薬を届けることも可能

 細胞の中へ薬を送り届ける技術を「ドラッグデリバリーシステム」といい、さまざまな病気の治療に役立つ可能性があります。中でも、このポリヒスチジンは、がん細胞の中にも入りやすいのが特長です。また、輸送能力が高く、大きなものを運べます。薬を乗せて、がん細胞の中へ入ることができるのです。しかも、安定した長時間の「血中滞留性」を示しています。つまり、体の中に長時間とどまることができ、生体内のがん細胞へ効果的に働きかけることが期待されています。

植物細胞の中にも入れる!

 ポリヒスチジンは、植物の細胞の中へもよく入ります。植物は、動物と違い、細胞膜の外に壁があるので、これまでのペプチドは中に入ることができず、細胞壁にくっついていました。ところが、6~10個のポリヒスチジンは植物細胞の中へ入ることができます。動物細胞よりも小さな個数のポリヒスチジンが入りやすい理由はまだ明らかではないのですが、この違いは興味深い点です。
 つまり、動物細胞に作用する長いポリヒスチジンは医療への応用が、植物細胞に作用する短いポリヒスチジンは農薬などへの応用がそれぞれ期待されているのです。

参考資料
1:鳥大発・薬の新しい運び屋『ポリヒスチジン』
1.0倍速 1.4倍速

がん細胞に薬を運ぶペプチド

夢ナビライブ2017 名古屋会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 農芸化学、薬学、ペプチド化学


農学部 生命環境農学科 農芸化学コース 准教授
岩崎 崇

メッセージ

 私たちの研究室では、特殊なペプチド(2個以上のアミノ酸が結合した化合物)を使って、薬を細胞の中に送り届ける「ドラッグデリバリーシステム」の研究を行っています。薬の研究というと薬学部や医学部を思い浮かべるかもしれませんが、農学部でも薬に関する研究を行っているところはたくさんあります。
 もし薬に関心があるなら、進路を選ぶ時、学部名だけで決めるのではなく、その学部で実際にどんな研究が行われているのかをよく調べて、農学部にもぜひ興味を持ってください。

先生の学問へのきっかけ

 高校時代は、生物や化学が好きだったので大学の理学部に入学しました。大学院では農学部に進み、農芸化学の分野で、薬に関連するペプチドの研究を始め、抗がん剤を作る研究に取り組みました。薬の研究は薬学部でするものだと思いがちですが、このように農学部でも薬の研究ができます。
 私も、子どもの頃からの願いであった、人の役に立つ研究ができ、やりがいを感じています。新しいものを作り出す喜び、研究の楽しさを伝えていきたいと思っています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

化粧品会社研究員/試薬メーカー開発/農薬会社技術営業/製薬会社製造/県庁職員

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.