夢ナビWebセレクション

福島大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 活性化、
  • 交通、
  • バス、
  • まちづくり、
  • 地方都市、
  • デザイン(意匠)

地域を元気にする交通まちづくりのデザイン

公共交通に関する新たな研究

 バス、鉄道など公共交通のネットワークをどのように構築したら、より快適なまちになるのかという研究、いわば「まちづくり」の観点から公共交通をデザインする研究が、21世紀に入ったころから、日本でも本格的になってきました。それまでの交通へのアプローチは、交通渋滞や電車のラッシュアワーをどう改善するかなどが主だったのです。

まち全体をバスターミナルに

 公共交通のデザインがまちの活性化につながった例の1つに、青森県八戸市の実践があります。八戸市には、昔から中心街を拠点とした充実したバス路線がありました。しかし、中心街の道路幅が狭く、また一方通行が多くあり、バスの停留所がわかりにくいという欠点も指摘されていました。そこで、バスの停留所を1つの建物に集めたバスターミナルを建設することで、それまでの欠点を改善する構想が浮上します。しかし、その案ではバスの利用者はターミナルの建物に集中し、まちなかを歩く人が減ってしまう懸念がありました。そこで、「まち全体をバスターミナルにする」という計画が立てられました。バス会社、行政などが協力して、複雑だった中心街の運行経路を整理したうえで、停留所の位置を工夫し、バス会社ごとに違っていた定期券の販売所を集約するなど、さまざまな施策を行ったのです。

より快適なまちづくりと公共交通

 地方都市では、人口減少とマイカーの普及によって、公共交通の利用者が減り、運賃の値上げや路線の縮小を余儀なくされ、さらに利用が減る悪循環で、まちも衰退してしまう例は少なくありません。ところが八戸市は、「まち全体をバスターミナルにする」という施策のほか、中心街から10分おきに運行するバスの整備や運賃値下げなどにより、バス利用者は増え、公共交通が便利な場所に店ができるなど、まちの活性化に貢献しています。このように、交通デザインとまちづくりには密接な関係があります。交通のあり方について、研究と実践を積み重ねることで、快適なまちづくりに貢献することができるのです。

再生スピードを変更できます。

地域を元気にする交通まちづくりのデザイン

夢ナビライブ2016 仙台会場

アイコン

地方都市における市街地の広がり

アイコン

街の魅力を高める公共交通

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 交通学、都市計画


人文社会学群 経済経営学類 准教授
吉田 樹

メッセージ

 高校時代を思い出すと、「自分は何をやりたいのかを、ちゃんと考えられていたのかなあ」と感じることがあります。ですから、あなたは、さまざまなことに関心を持ち、いろいろな場所に出かけ、経験して、自分が楽しいと思うことを、ぜひ見つけてほしいと思います。
 大学での学びは教室の中だけのものではありません。私の研究室では、学生たちと一緒にまちに出て、地域の問題を探り、どうしたら解決できるのかを一緒に考えるアクティブな学びを行っています。

先生の学問へのきっかけ

 祖父が国鉄の職員でした。保育園が電車の車両基地の近くにあり、小さい頃から乗り物に親しみをもって育ちました。
 福島大学に入学後、2年生の時に転機が訪れます。岐阜大学に「都市と交通」を研究している教授がいると知り、編入学したのです。「人間の行動と交通の関係」をテーマに研究し大学院にも進学しました。ちょうどその年は、乗合いバスに対する国の規制が緩和され、地方自治体が交通網をアレンジする必要が出てきた時期でした。それ以来、公共交通のデザインを研究テーマに掲げ、政策立案に携わるなど全国を飛び回ってきました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁都市計画/公共交通事業者経営企画/シンクタンク・コンサルタント研究員

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.