夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • エネルギー源、
  • 炭水化物、
  • 脂肪、
  • トレーニング、
  • 持久力、
  • マラソン、
  • 代謝、
  • グリコーゲン、
  • ミトコンドリア、
  • 運動、
  • 筋肉

一流マラソン選手の持久力はすごい~その体の秘密とは~

糖質のエネルギー貯蔵には限界がある

 強いマラソン選手になるためには、持久力の向上が不可欠です。代謝という点では、エネルギー源を体にどれだけ蓄えられるか、いかに効率的に使うかが重要なポイントとなります。エネルギー源となるのは、炭水化物に含まれる糖質です。糖質はグリコーゲンに変換され筋肉や肝臓に貯蔵されます。しかしこの貯蔵は一時的なもので、量も多くありません。いくら食べても、貯蔵できる糖質は大人で2000kcal程度しかありません。

後半にエネルギー切れを起こす理由

 もう1つのエネルギー源は体脂肪です。体脂肪率が20%で体重が70kgの人であれば、体脂肪は約14kgになり、1g当たり9kcalの熱量があるので、約10万kcalのエネルギーを蓄えていることになります。マラソンに必要なエネルギーは約2800kcalですから、十分にまかなえる量です。ただ、体脂肪は強い運動よりも軽い運動でより多く燃焼されます。糖質はその逆です。言葉を変えれば、マラソンなどで頑張って運動している際は糖質を主に消費します。そして、マラソン後半に糖質貯蔵が底をつくと頑張れなくなって、急激なペースダウンをしたり、棄権に追い込まれたりします。

一流のマラソン選手は何が違うのか

 ところが一流のマラソン選手はそうはなりません。これは、日々のトレーニングによって筋肉や肝臓に大量のグリコーゲンを蓄積できるように体が発達しているからです。また、脂肪を燃焼する細胞内のミトコンドリアの量が増えているので、強い運動でも体脂肪をたくさん燃焼できる体になっています。ミトコンドリアを増やすためには、少しきつい程度の力で長く走ると効果的です。しかし長く走らなくても、20秒の強い負荷と10秒の休憩を8回程度繰り返す、いわゆるインターバルトレーニングを行うとミトコンドリアを増やすことができます。つまり、一流のマラソン選手は、このような練習を積み重ねることで、前半脂肪を多く燃焼し、後半のラストスパートに向けて糖質を温存できる能力に長けているのです。

1.0倍速 1.4倍速

アスリートの筋肉と食事の関係

夢ナビライブ2016 福岡会場

アイコン

人間はなぜ食事をするのか

アイコン

アスリートの筋肉の違い

アイコン

アスリートが一日に必要とする等質

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも スポーツ栄養学、スポーツ生理学


スポーツ科学部 スポーツ科学科 教授
川中 健太郎

メッセージ

 ご飯に含まれている炭水化物は、体の大事なエネルギー源です。炭水化物を利用したり、体の中に貯蔵したりする能力がアップすると、スポーツのパフォーマンスが向上したり、病気の予防にもつながります。
 私はこの炭水化物とスポーツの関係について研究しています。スポーツ科学部には、スポーツ選手の体の動きや心理状態、さらには健康になるための運動とは何かなどさまざまな研究対象があります。スポーツが得意でなくても、スポーツや健康に興味がある人は、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

先生の学問へのきっかけ

 中学から大学まで陸上部で長距離の選手でした。大学時代、スポーツ生理学を専門とする他大学のコーチに出会い、アドバイスを受けたり、練習に参加させてもらったりしました。そのなかで、競技者としての自分のパフォーマンスをいかに上げるかに関心を持つようになりました。
 工学部の土木学科に進学していたのですが、陸上に熱中しすぎて大学院では筋肉の糖質代謝の研究をするようになりました。糖質を増やしたり、節約したりできれば走力は向上します。そのメカニズムを解明するなかで、健康分野にも研究が広がりました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学研究員/大学教員/食品会社研究員/スポーツ指導者/保健体育教員

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.