夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 犯罪、
  • 犯罪心理学、
  • 警察、
  • 捜査、
  • 裁判、
  • プロファイリング

「犯罪心理学」はさまざまな学問と関連して成り立っている!

犯罪の原因はさまざまな要因が絡み合う

 「犯罪心理学」は犯罪・非行の原因を解明するための学問です。例えば万引きの場合、興奮やスリルを味わうために、また仲間うちで自分の存在感を誇示するために盗む場合もあるでしょう。しかし、人は心理的な理由だけで罪を犯すわけではありません。生活に困って、といった経済的な理由も考えられますし、生い立ちや家庭環境に原因がある場合もあります。その遠因として差別や格差といった社会的問題にも目を向ける必要もあるでしょう。また、そもそも親からの遺伝や脳の機能不全などの生物学的な原因も考えられます。このように犯罪の原因にはさまざまな要因が絡み合い、互いに影響し合うものなので、心理学のみでは説明できず、社会学や生物学など多くの学問の知見が必要となるのです。

犯罪心理学の成果は実際の社会で役立っている

 犯罪心理学は、その成果が警察の捜査や公正な裁判、また社会復帰のための更生プログラムの開発などに寄与しています。つまり基礎的な研究だけでなく、応用面でのニーズが高い学問です。
 例えば、警察の取り調べでは供述を引き出すためには被疑者の心情理解が不可欠ですが、そこに犯罪心理学の知見が生かされます。また裁判では目撃者の記憶に基づいた供述、つまり目撃証言の信頼性判断が裁判の行方に大きな影響を及ぼします。犯罪の原因を明らかにすれば、より実効性の高い犯罪者の更生プログラムも開発できます。

捜査に直結する研究も行われている

 犯罪捜査に直結した研究も行われています。「犯罪者プロファイリング」は、過去の犯罪データベースから新たな事件の犯人像を予測する方法です。例えば連続放火犯の場合、バイクに放火するのは十代の若者が多く、ゴミに火をつけるのは四十代の中年男性が多いことがわかっています。また「ポリグラフ検査」は、犯行記憶を調べ、被検者が犯人かどうか判断する手がかりを得るための検査です。生理的指標や質問方法や生理的指標を工夫し、検出精度を高める研究も行われています。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 犯罪心理学


人文学部 文化学科 准教授
大上 渉

先生の著書
メッセージ

 私の専門は「犯罪心理学」です。この学問は心理学の一領域ですが、犯罪という現象が複雑であるため、心理学のみでは説明できないことが多くあります。例えば、犯罪や非行の原因について考えるならば、社会学や民俗学、人類学、倫理学、犯罪者プロファイリングでは地理学、国際的なテロリズムでは宗教学など、さまざまな学問の知見や知識が必要になります。文化学科では、こうした学問が一度に学べます。犯罪心理学に興味のある人はぜひ一緒に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 教養科目の「心理学」を受講し、人間の性格は体格で決まるという「クレッチマーの類型論」という考え方を教授から紹介されて衝撃を受けました。心理学は人間の心理を究める学問だと思っていたのに、人間を理解するのに外見から判断する考え方があったことを知り、大変驚きました。
 属していた工学部から進路を変更して、大学院では心理学の道に進み、記憶や注意機能を扱う認知心理学を研究しました。その後、警察の科学捜査研究所に就職しました。しかし、さらに犯罪心理学の研究を深めたいと思い、大学に戻って研究活動を続けています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.