夢ナビWebセレクション

神戸大学 理学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 宇宙、
  • 惑星、
  • 地球、
  • 天文学、
  • 観測、
  • 小惑星探査機「はやぶさ2」、
  • 隕石、
  • 太陽系、
  • 探査

小惑星探査で解き明かす惑星の起源~「はやぶさ2」の使命とは~

惑星形成の「失われた鎖」をつなぐ「小惑星探査」

 広大な宇宙に太陽系ができてから現在の地球まで、惑星がどう進化してきたかという成長史の解明は、惑星科学や天文学の大きな研究目的です。天文観測装置の高性能化で現在の状態は観測できますが、ガスと塵(ちり)から始まった過去46億年間は観測不可能な領域で、「missing link(失われた鎖)」と呼ばれています。
 この惑星の成長過程の記録という鎖をつなぐ鍵が、「小惑星探査」です。小惑星は惑星の赤ちゃんから青年くらいまでの状態を調べるのに適した場所で、惑星のさまざまな成長段階を凍結したタイムカプセルとも言えます。

地上に落ちた惑星のかけら、隕石との対応

 太陽系に約60万個ある小惑星は、色や明るさの違いでいくつかのタイプ分けや物質予想もされていますが、天文観測だけでは実際の物質はわかりません。しかし、地上に落ちた小惑星のかけらである「隕石」は調べることができます。隕石と小惑星から実際に採取した試料を対応させることで、研究は大きく進むのです。
 2010年、小惑星探査機「はやぶさ」が、世界で初めて小惑星から持ち帰った試料(塵)と隕石の対応が確認されました。続いて2014年12月、別のタイプの小惑星探査のために「はやぶさ2」が打ち上げられました。

太陽系の歴史・生命の起源解明への期待

 「はやぶさ2」の使命は、炭素質コンドライト隕石という隕石との類似が予想される小惑星「Ryugu(リュウグウ)」から試料を採取し確認することです。Ryuguはその軌道から、太陽の熱で表面が焦げ炭素化している可能性があるので、今回は直径13cmほどの銅球を高速でぶつけて穴を開け、試料を採取して2020年に地球に戻ってくる予定です。
 対応すると予想される炭素質コンドライト隕石は、水と有機物を多く含み、太陽系の歴史や生命の起源の解明にもつながるのではと考えられています。またひとつ、失われた鎖をつなぐ研究が進むことが期待されているのです。

参考資料
1:惑星形成の失われた鎖
1.0倍速 1.4倍速

惑星探査から明らかにされる小惑星の起源

夢ナビライブ2016 大阪会場

アイコン

惑星はどのようにできるのか

アイコン

「はやぶさ」の成果

アイコン

新しい試み:宇宙衝突実験

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 惑星科学、天文学


理学部 惑星学科 教授
荒川 政彦

メッセージ

 惑星科学は、太陽系46億年の歴史をひもとく学問です。そのためには、理論・実験・分析・調査、そして探査と、あらゆる手段を用いて研究する必要があります。特に、惑星探査は5年から10年と非常に長い期間をかけて行うものなので、高校生のあなたたち世代の力がこれから必要とされます。
 惑星科学、太陽系の歴史に興味があるあなたには、高校時代に基礎・基本をしっかり身につけ、幅広い知識を持ってこの分野で学問を続ける人になってほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 モノづくりが好きで、宇宙や太陽系などで起こる自然現象の不思議さにあこがれていました。
 高校生の時は「ハレー彗星」が76年に一度地球に接近するということで大きな話題になっていました。この彗星に関するテレビの特集番組を観ていたところ、ある大学の教授がレーザー光線を雪に照射して彗星の尾を再現していました。このように太陽系で起きる現象を実験室で再現する研究を「実験惑星科学」と言いますが、これに魅了された私は、その教授が在籍する大学をめざそうと決めました。そして惑星科学研究の第一歩を踏み出したのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

航空宇宙関係技術/航空宇宙関係システムエンジニア/電力会社技術/通信会社システムエンジニア/大学教員

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.