夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 文学、
  • 東日本大震災、
  • 沖縄、
  • 人間関係、
  • 価値観、
  • 意識、
  • 地域

「文学」は、価値観や意識を変える力を持っている!

地域と文学

 地域と文学について考えるときに、虚構としての文学と現実の世界との関係性があります。地域の共同体には、ポジティブな地域づくりや町おこしだけではなく、ネガティブな人間関係もあります。例えば、吉村萬壱(まんいち)の『ボラード病』という作品は、ある地域の人間関係をテーマにしています。設定は架空の放射能汚染に襲われた町で、東日本大震災にともなう原子力発電所の事故をテーマにしていると思われます。

原発事故を通して見えてくる人間関係

 この作品は、震災や原発事故からの復興が簡単でないことが、少女の目から見た視点で描かれていきます。地域の人々が結束して放射能汚染という困難を乗り切ろうとするのですが、子どもたちが次々に謎の病気で亡くなるのです。その原因を地域で追求しようとしても、住民たちの結束は実は表層的なものでしかなく、地域の閉鎖性やしがらみなどが原因となって謎が解明できない現実が描かれています。東日本大震災以降、地域の人間関係を描く文学が、ひとつのジャンルとして確立されつつあります。

自らの価値観と意識に向き合う

 地域を描いた作品として沖縄文学もあります。沖縄は歴史的にも特異な地域で、戦争やアメリカとの関係などがあり、社会的なメッセージ色が強くなる傾向があります。芥川賞作家の目取真俊(めどるましゅん)は、両親の沖縄戦での実際の体験をテーマにした作品などで知られています。また沖縄には「本土」と違う方言があります。方言のままでは理解されないので、『面影(うむかじ)と(とぅ)連れて(ちりてぃ)』と、ルビで沖縄方言を入れて地域らしさや、沖縄の置かれた現実の姿を文学として表現しています。
 単なるエンターテインメントではない東日本大震災以降の作品や沖縄文学は、どちらかというとマイナー文学と呼ばれています。しかしこれらの作品に接することで、自らの価値観や意識と向き合って考えたり、それを変えたりすることができます。文学を通して最良の経験をすることができるのです。

再生スピードを変更できます。

尾崎翠作品の可能性

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

大学で文学を研究する、とは?

アイコン

尾崎翠の人となり

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 文学


地域学部 地域学科 国際地域文化コース 准教授
岡村 知子

先生の著書
メッセージ

 大学で学問を修めるというのは堅苦しいイメージがあるかもしれません。しかし文学は日常生活の中で感じている「うれしい」「恥ずかしい」や「悲しい」などの感情とつながっています。その意味では身近な学問だと言えるでしょう。特に恐怖や憎しみといったネガティブな感情から目を背けずに表現することで、ポジティブな文学的価値が生み出されます。
 人が一生のうちで読むことができる文学作品は数が限られます。大学で出会える先生や、価値観を変えるような本があなたの一生を変えるかもしれません。

先生の学問へのきっかけ

 小さい頃から、本がないと不安でたまらなくなるほど、本が大好きで、ほとんど一日中、家の中で本を読んでいるような子どもでした。両親には、「たまには外に出て遊べば?」と心配されるほどでした。2015年に鳥取大学に着任するまでは、高校で国語を教えていましたが、「もっと文学の研究をしたい」「教科書の内容を問い直すような講義をしてみたい」と考えるようになり、大学での教員の道を選んだのです。大学は、毎日が新鮮で楽しく、さらに文学の研究を深めていきたいと考えています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

中学・高校の国語科教師/水道メーカー営業/イベント会社事務

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.