夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07533

「ファッション」とは、自分を表現し、生き方を選ぶこと!

ファッションは、コミュニケーションだ!

 時代とともに変化するファッションは、社会を映す鏡とも言われます。社会に生きる私たちは出会った相手が身につけているものからその人の内面を想像します。最初の段階でファッションをうまく活用すれば、互いをより円滑に理解できます。ファッションとコミュニケーションはある意味、ほぼイコールな存在と考えてもいいでしょう。
 フランスの著名なファッションデザイナーのココ・シャネルはかつて、「着る物を選ぶということは、自分の生き方を選ぶことだ」と言いました。ファッションは自分自身の内面や生き方を表現する上で、大切な役割を果たしているのです。

友だちの私服をよく観察してみよう

 ファッションについて理解や知識を深めていくには、まず、友だちや身近な人の私服をよく観察してみるのがいい方法です。お互いに気づいたり感じたりしたことを話し合ってみましょう。すると、相手の個性的な一面を知ったり、逆に相手からのアドバイスで自分自身を見直すきっかけを得たりできます。身近な人とのファッションについてのコミュニケーションは、世の中の流行を知ったり、自分らしさを表現したりする方法など、たくさんのことを気づかせてくれるでしょう。

ファッションについて学ぶことの意味

 ファッションについて勉強すると、服やアクセサリーをデザインしたり作る仕事だけでなく、例えばアニメやゲームに登場するキャラクターのデザインや、そこから広がるコスプレなど、ポップカルチャーの分野でも役立つ知識とセンスを養うことができます。衣生活をよりよくするための研究もできます。そもそもファッションは、政治、経済、文化、歴史など、社会のあらゆる場面に密接に関わっている存在です。ファッションを学ぶことは、人間と社会のあり方そのものについて理解するための大きなヒントにもなるのです。

再生スピードを変更できます。

ファッションを学び社会に役立てよう

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

現代のファッションの役割

アイコン

若者パワーがファッションを変えた

アイコン

ファッション業界が注目する日本

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 服装学、ファッション学

文化学園大学
服装学部 ファッションクリエイション学科 教授
高村 是州 先生

先生の著書
メッセージ

 文化学園大学では、ファッションを中心としたさまざまなものづくりに取り組んでいます。
 ファッションといえば着飾る楽しさをまず思い浮かべると思いますが、それだけでなく、私たちが生きるために必要なたくさんの学びが含まれています。マンガやアニメといった現代の日本文化が好きな人も、ファッションを通じていろいろなことを学べると思います。好きなものを突き詰めて、自分らしい表現を見つけ、社会の役に立つものづくりをして、たくさんの人々に幸せを届けたい、そんな夢を持つあなたをお待ちしています。

先生の学問へのきっかけ

 ファッション画の研究に携わっています。子どもの頃から人物を描くのが好きで、そもそも「人間って何だろう?」という興味から、大学では教育学を学ぶと同時に、夜は服飾専門学校でファッションデザインについても学んでいました。「ダブルスクール」で勉強することで身につけた、教育とファッションについての知識とスキルが、今の仕事や研究に結びついています。ファッションを絵に描いて考えてみると、現実の世界では再現できないようなデザインを、それこそ原始時代からサイバーな未来まで自由に表現できるのがとても面白いです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

アパレルメーカー(ファッションデザイナー・パタンナー・衣装製作・販売員ほか)/ゲームメーカー(キャラクターデザイナー)/フリーランス(イラストレーター・スタイリスト)/大学や企業(研究者)

大学アイコン
高村 是州 先生がいらっしゃる
文化学園大学に関心を持ったら

 文化学園大学はファッションやデザイン教育のパイオニアとして、多くの優秀な人材を輩出してきた日本を代表するファッションの大学です。ファッション・デザイン・教養の3つの領域を学ぶ3学部と短大部で構成。キャンパスは最先端のデザインやファッショントレンドを肌で感じられる新宿に位置し、多くの企業や自治体との産官学協同プロジェクトやインターンシップなどの体験型学習が豊富です。ディスカッションやグループワークなど、アクティブラーニングの科目が多いのも特長で、学生がめざす将来に必要な力を身につけています。

TOPへもどる