夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • ゲーテ、
  • 自然科学、
  • ドイツ、
  • 色彩、
  • 社会現象、
  • 文学

文豪ゲーテの知られざる多面性

社会現象を引き起こしたゲーテの文学作品

 ゲーテはドイツを代表する文豪です。初期の作品『若きウェルテルの悩み』では、婚約者がいるシャルロッテに恋をした主人公ウェルテルの、自殺に至るまでの心情が書簡体で語られます。同書はヨーロッパ中で大ベストセラーになり、ウェルテルをまねて自殺者が続出するという社会現象を引き起こしました。かのナポレオンも、エジプト遠征の際に携行して7度も繰り返し読んだと言います。ゲーテは『若きウェルテルの悩み』で究極の恋愛について書きながら、同時に「人間」と「自然」の本質についての考察を深めたのでした。

自然科学の分野でも業績を残す

 幼少時から英才教育を受け、大学では法学を修めたゲーテは、『若きウェルテルの悩み』をきっかけとして出会ったワイマール公国の国王アウグストから宰相として招聘(しょうへい)を受けます。その後、産業興隆のために政治家として国内の資源調査などを行うなかで、自然科学分野にも関心を抱くようになりました。彼は、地質学、植物学、解剖学、光学、色彩学などの研究でも業績を残しています。「ゲーテ骨」と呼ばれる顎間骨の発見や、色彩の関係を円環で表示した「色彩環」は特に有名です。

ゲーテの思想は、現代の科学懐疑論につながる

 ただし、彼の自然科学の業績は当時、さほど評価されませんでした。科学の基礎である数学的証明が正式になされていなかったからです。しかし、「自然」の美をとらえようとしたゲーテの眼が真実をとらえていたことも確かです。ゲーテにとっての「自然」は、「外」の海や山だけでなく、人間の心の「内」をも表すものでした。それゆえ彼には、感覚の限界を超えた制御できない力にまで発展する科学技術の進歩の速さに対して不安を拭い去ることができなかったのです。この不安は、現代における「核」の問題にも通じます。世界文学となったゲーテの代表作『ファウスト』のなかには、そのような現代科学批判をも読み取ることができるでしょう。文豪ゲーテの知られざる多面性こそ、ゲーテ文学の懐の深さなのです。

1.0倍速 1.4倍速

「死ぬほど好き!」という感情の発見

夢ナビライブ2015 福岡会場

アイコン

「ゲーテ」が関わる日本の会社

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 人文科学、西洋文学、ドイツ文学、哲学


人文学部 ドイツ語学科 准教授
平松 智久

メッセージ

 私の研究対象は18〜19世紀に生きたドイツの文豪ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの著作です。ゲーテは詩人、小説家、劇作家、舞台監督、批評家、政治家、自然研究者として多方面で国際的に才能を発揮しました。「外国語を知らない者は自国語もわからない」という彼の有名な箴言(しんげん)は、グローバル化する現代においてますます重要な意味を持つでしょう。
 だからこそ、英語を勉強しているあなたには、大学でのドイツ語学習を強くお勧めします。ドイツ語を知ることで英語はもちろん、母国語の力も伸ばせるはずだからです。

先生の学問へのきっかけ

 中学・高校で近現代日本文学に興味を持ち、国文学を研究したいと思っていましたが入学した大学では、江戸時代までが中心でした。苦境を救ったのが、指導教官の「近現代日本文学を研究するならまず西洋文学を勉強すべきだ」というアドバイスでした。そしてドイツ文学、特にゲーテの研究を始めたのです。
 ゲーテとの出会いは中学の時に読んだ『若きウェルテルの悩み』でしたが、人生経験を積むにつれ、ゲーテの言葉が胸に突き刺さるようになりました。そして『ファウスト』に衝撃を受け、ドイツ文学研究者として生きていく決心をしたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学教授・研究員/高校教諭/日本語学校講師/事務/公務員/旅行会社/キャビンアテンダント・グランドスタッフ/ホテル/ドイツの百貨店販売員/商社総務課/通訳・翻訳/タレント など

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.