夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.07163

宇宙構造の謎解きの鍵は小さな粒子

宇宙の95%は目に見えないもので満たされている

 普段私たちの目に見えているのは、宇宙にある物質全体のわずか5%ほどに過ぎないと言われています。つまり宇宙の残り95%は目には見えない物質でできているとされ、その物質は「ダークマター」や「ダークエネルギー」などと呼ばれています。ダークマターの正体はまだわかっていませんが、その存在はさまざまな観測から確実視されています。宇宙にはダークマターなしには説明できないことが多くあります。例えば銀河系や太陽ができたのは重力があるためですが、私たちの目に見えている物質だけではそれだけ強い重力を生み出すことは到底できないのです。

その正体は「ニュートラリーノ」?

 ダークマターの正体についてはいろいろな可能性が考えられていますが、その一つが素粒子と呼ばれる、極めて小さな粒子です。素粒子には知られていないものが複数あり、そうした未知の素粒子の一つである「ニュートラリーノ」がダークマターの有力な候補になっています。もしニュートラリーノが実在するならば、1立方メートル内に2~3個ずつ存在し、秒速230キロメートルで飛んでいると考えられています。宇宙にあるだろうこの粒子をとらえる検出器を作ったり、または加速器と呼ばれる巨大な装置を使ってこの粒子を人工的に作りだそうといった試みが世界中でなされていますが、いまもその存在は謎に包まれたままです。

宇宙の謎を突き詰めると素粒子に行きつく

 宇宙の構造がどうなっているのかを知ることは、私たちの住む世界がいったいどんな場所なのかを理解するために不可欠です。そこを突き詰めて考えていくと、つまり、宇宙という一番大きなものを知ろうとすると、素粒子という最も小さなものに行きつくのが面白いところです。
 ニュートラリーノが見つかれば、ダークマターの謎が解け、宇宙の構造がぐっと明らかになるかもしれません。しかし、そうするとまた新たな謎が出てくるでしょう。その謎をまた解明していく、それが研究の醍醐味とも言えるのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 宇宙物理学

徳島大学
理工学部 理工学科 教授
伏見 賢一 先生

メッセージ

 高校時代にはぜひたくさんの本を読んでください。そうしてしっかりとした知識や教養の基盤を作っておくことは、将来どんな道に進むにしても必ず生きてくるはずです。
 宇宙や物理学に関して言えば、もし高校時代に苦手意識があったとしても、やりたいという気持ちがあればあきらめずに私の研究室の扉を叩いてみてください。高校で一切物理をやっていなかった人でも、大学で一から勉強すれば4年間で世界の最先端に到達することができます。情熱あるあなたと出会えることを楽しみにしています。

先生の学問へのきっかけ

 小さい頃は、将来は「虫博士」になりたいと思っていたほどの虫好きでした。その興味が星や宇宙に向かったのは小学4年生くらいの時で、小さい望遠鏡を買ってもらったことがきっかけでした。家の中から何か明るい星が見えるので、望遠鏡を覗いてみたらそれが木星だったのです。その感動に突き動かされて、すぐに天文書を買って読むようになり、その後どんどん宇宙にのめり込んでいきました。好きだったから勉強もたくさんしました。そして今に至ります。9歳の時、最初に買った天文書は今も研究室に置いてあります。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

宇宙物理学を研究した卒業生はさまざまな分野で開発・研究に従事しています。開発・研究に必須とされる柔軟な思考、原点に立ち返って物事の本質を正しく理解するという習慣が身についていることが評価されます。

大学アイコン
伏見 賢一 先生がいらっしゃる
徳島大学に関心を持ったら

 徳島大学は有為な人材の育成と学術研究を推進することにより、人類の福祉と文化の向上に資するため、自主・自律の精神に基づき、真理の探究と知の創造に努め、卓越した学術及び文化を継承し、世界に開かれた大学として豊かで健全な未来社会の実現に貢献することを理念としています。豊かな緑、澄み切った水、爽やかな風、温暖な気候に恵まれた徳島の地にあって、「知を創り、地域に生き、世界に羽ばたく徳島大学」として、発展を目指しています。

TOPへもどる