夢ナビWebセレクション

大阪府立大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 微生物、
  • 石油、
  • 進化、
  • 酵母、
  • セルロース、
  • 生物

微生物の特殊能力を、人間のために活用する

地球の生物の大半が微生物

 地球に生命が誕生して何億年も経っていますが、現在生き残っている生物は進化の過程でさまざまな困難を乗り越えてきた精鋭たちです。生物といってすぐに思い浮かぶのは、動物や植物だと思いますが、地球上で生きている生物の種類では、微生物が大半を占めています。

特殊能力を持っている微生物

 微生物が生きているのは、ほとんどが土の中です。動物や植物が死ねば、微生物はそれを分解することで栄養を得ています。ほかの生物が食べられないようなものを栄養とすることで生きているのです。低温の場所や高温の火山の噴火口で生きている微生物もいます。特別な環境に応じて、特殊なものを食べる独自の能力を身につけることで生き残っているのです。
 土の中で微生物は生存競争を繰り広げています。いかに早く周りにある栄養を獲得するかを争っているのです。中には、栄養源を吸収する速度は遅いけれども、周りの微生物にとっては毒になるような物質を放出して、自分だけがゆっくりと栄養を得るという戦略で生き残っている微生物もいます。この毒が抗生物質として多くの感染症治療に応用されています。このように、さまざまな能力を持った微生物がいるので、その特殊能力を利用して人間の生活や産業に役立たせる研究が行われています。

石油の代わりになる微生物?

 人間は、植物の細胞壁をつくっているセルロースを食べることはできません。しかし、セルロースはデンプンと同じブドウ糖からできています。そのためセルロースを分解すればブドウ糖になります。稲わらのセルロースからブドウ糖ができますが、いくらブドウ糖でも、その溶液を飲むのは無理です。
 そこで、そのブドウ糖をさらに酵母という微生物に食べさせればエタノールに変わります。エタノールにすれば、石油の代わりにすることができます。光合成によって植物がつくった物質を利用して、エネルギー源や化学製品の原料として活用が可能になるのです。小さな微生物は、現在は石油に依存している世の中を、大きく変える可能性を秘めているのです。

参考資料
1:微生物機能開発学研究グループ

再生スピードを変更できます。

微生物バイオテクノロジーが拓く循環型社会

夢ナビライブ2015 大阪会場

アイコン

微生物の無限の可能性

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 応用微生物学、応用生命科学


生命環境科学域 応用生命科学類 准教授
炭谷 順一

メッセージ

 大学では未解明なことや現状で問題のあることを、世界で初めて解明したり解決したりすることにチャレンジできます。
 生命現象は、すべて物理の法則に従い、化学反応の結果でもたらされるものです。応用生命科学の分野では、生命現象を物理の手法を使いながら化学の言葉で解き明かして理解し、さらにそれを応用して世の中に役立てる研究を行っています。生命現象に興味があり、それを応用するような研究をしたい人は、ぜひ大阪府立大学生命環境科学域応用生命科学類をチェックしてみてください。

先生の学問へのきっかけ

 高校時代は化学と生物しか興味が持てず数学や英語は赤点を取るような落第生でしたが、デンプンと同じブドウ糖から構成されるセルロースを分解するセルラーゼという酵素や遺伝子操作に将来への可能性を感じ、バイオテクノロジーについて学べる今の分野に進学しました。高校時代は実験に対して全く興味がなかったのですが、大学の卒業研究で行う実験は誰も成し遂げていないことを世界で最初に自分が目にする楽しさと緊張感があり、しかもその成果が世の中に役立てられる可能性にやりがいを感じ、研究の世界にのめり込んで行きました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公的研究機関研究員/警察科学捜査研究所員/製薬会社研究員/化学会社研究員/食品会社研究員/分析センター研究員/商社営業

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.