夢ナビWebセレクション

鳥取大学 医学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 女性、
  • 出産(分娩)、
  • 子ども、
  • 妊婦、
  • 産婦人科、
  • 新生児、
  • 助産師

ますます活躍の場を広げる助産師

女性だけに認められた助産師の資格

 母性看護学も助産学も、現在子どもを生み育てている女性、将来子どもを生み育てる、あるいは、生み育て終わった女性を対象としています。何が違うのでしょうか。日本では、看護師資格がなければ、助産師資格を得ることはできません。したがって、国家資格制度から考えると、母性看護学は、看護学の根幹をなす学問分野で、助産学はアドバンス的な学問分野といえます。看護師・保健師は男女ともに資格が認められていますが、助産師は女性だけに認められている国家資格です。

開業している助産師も

 助産師は、主に産婦人科や新生児医療の領域で活躍しています。産科施設で分娩介助を行っているのは助産師です。看護師の資格だけでは分娩介助をすることはできません。分娩現場に医師も立ち会うことが多いですが、正常出産であれば助産師だけで、援助を行っていることがほとんどです。ただ、医学的な診断や薬を出したりするのは医師の仕事になります。
 助産師の中には自分で開業している人もいます。開業している人は妊婦健康診査や分娩介助だけではなく、育児支援も行っています。産後のお母さんのケアや母乳育児支援をはじめ、育児に慣れていくまでのプロセスを支援します。さらに命の教育として小中高校に出向いて出前授業をしている助産師もいます。人が生まれ育つことや、男女の付き合い方なども教える広い意味での性教育を行っています。命の大切さ、自分自身の大切さ、よりよい性行動のありかたを自分で決められる能力を身につけるために、情報を提供しているのです。

超高齢社会を支える役割も

 また母性看護学や助産学では、高齢の女性も対象になります。年を重ねると女性はホルモンの状態が変化し、骨粗しょう症になったり、血管系や代謝系に与える影響が大きくなったりします。高齢の女性がいかに健康に生きるかという支援も、母性看護学や助産学の関心事であり、助産師の重要な役目だと考えられています。急激な高齢化が進んでいる日本では、助産師の役割は、ますます大きくなっているのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 母性看護学、助産学


医学部 保健学科 看護学専攻 教授
佐々木 くみ子

メッセージ

 大学で看護学を学ぶということは、単に国家試験に合格し看護職につくためだけではありません。看護学について探究するための基礎的な能力を獲得するという目的もあるのです。看護学の探究のためには、豊かな教養と専門的な知識が必要です。これらの力は「自ら主体的に学ぶ」ことによって得られます。あらゆることに関心を持ち、物事について深く考え、積極的に行動することが大切です。あなたも私たちと一緒に主体的に学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 生命の発生に興味があり理学部志望だった私を、両親が強引に看護学の道に進ませました。「理学部に行くなら自分の力で行きなさい。」やむなく看護学の道に進んだものの看護師になる決心がつかず、卒業後は助産師学校に進学しました。生命誕生に関わる助産師なら興味が持てるかもしれないと考えたのです。現在、看護学に携わっているのは、助産学実習で受け持った産婦さんのおかげです。「初めての出産で不安なとき、外来で待っていてくれたあなたの顔をみたら安心したの。」この言葉に励まされ、この道を進もうと決めました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

看護師/助産師/保健師/養護教諭

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.