夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • スポーツ科学、
  • スポーツ、
  • サッカー、
  • ワールドカップ、
  • トレーニング、
  • アスリート

スポーツを「科学の目」で見ると、見えてくるもの

「頑張る」だけでは一流にはなれない

 どんなスポーツ種目でも、一生懸命に練習することは大切です。ただ、あなたが、将来プロになるレベルまで技術を伸ばしたいと考えているのなら、単に「頑張る」だけでは、夢の実現は難しいかもしれません。
 国内スポーツの競技力向上をめざし、「国立スポーツ科学センター」がオープンしたことからもわかるように、国際レベルのトップアスリートには、スポーツ科学に基づいたトレーニングや動作制御などが必要不可欠なのです。

スポーツ科学の役割とは?

 スポーツ科学の中でも、競技者の動作を分析し、力学的に研究するジャンルが「バイオメカニクス」です。例えばサッカーなら、ボールを蹴る動作での筋力や関節の動きを分析し、運動エネルギーをより効率的にボールに伝えるための、姿勢や蹴り方などを研究します。
 また、選手の実力を引き出すため、トレーニング方法を研究するのもスポーツ科学の重要な役割です。試合会場が標高1000mを越す高地だった、2010年サッカーのワールドカップ南アフリカ大会の前には、高地でも運動能力が高まるようにと、酸素の薄い場所でも人間の赤血球が増える現象を重視した、科学的なトレーニングが実施されました。

一流サッカープレーヤーの原点は遊び場にある

 一流のプロサッカー選手と、アマチュア学生選手、そして、ボール蹴り遊びしか知らない子どもにインサイドキックをやってもらい、動作を分析すると、一流選手と、サッカーの基礎も知らないはずの子どもは、ほぼ同じ体の使い方をしていることがわかりました。
 また、ある調査によると、サッカーで「遊んだ」時間が長い選手ほど、プロ入りできる確率が高いことも明らかになりました。つまり「一流」をめざすための素地を作るのが、のびのびと楽しめる子ども時代の遊び場だったということです。こうした意外な事実を論理的に研究できるのも、スポーツ科学の面白さなのです。

1.0倍速 1.4倍速

サッカー ファンタジスタの科学

夢ナビライブ2015 福岡会場

アイコン

ピクシーのパスを検証する

アイコン

ピクシーとのディスカッションでわかったこと

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも スポーツ科学


スポーツ科学部 スポーツ科学科 教授
布目 寛幸

メッセージ

 世界レベルのスポーツの試合では、素晴らしいプレーが随所で登場します。スポーツに打ち込んでいる人なら、「まねしたい!」と思えるプレーを目にすることもあるでしょう。
 どのように体を動かせば、一流選手のプレーがまねできるのか? 「スポーツ科学」を研究することで、そのメカニズムを知ることができます。近年、スポーツ科学について報じるニュースやテレビの特集番組などが増えています。もし、あなたがスポーツ科学に興味を持っているなら、高校生のうちから、それらの報道に関心を持っておくとよいでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 高校・大学でサッカー部に所属し、サッカー漬けの毎日を過ごしていました。ただ、一生懸命に練習を続けたものの、実力は思いのほか伸びず、「どこがおかしいのだろう、上手な選手と何が違うのだろう」という疑問を持ち続けていました。そんな中で「スポーツ科学」という学問に出会い、自分自身がうまくできていなかった動作を、スポーツ科学の観点で改めて分析してみると、体の動かし方や力を入れるべきタイミングなどが微妙にずれていることに気づいたのです。そのことがきっかけで、スポーツ科学研究者としての道を歩み始めました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.