夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • アーティスト、
  • 都市、
  • アイドル、
  • マーケティング、
  • 経営、
  • CD、
  • 意識、
  • 企業、
  • 経営学、
  • 動物園、
  • ポジティブ・シンキング

「モノの見方」「意識のあり方」を、変えることで生まれる可能性

「CDは1人1枚」という常識を疑ってみる

 ニューアルバムが出たら、すぐにCDショップに駆けつけたくなるような、大好きなアーティストはいますか? ただ、どんなに好きなアーティストでも、同じアルバムなら普通は1枚しか買いません。
 ところが最近、一部のアイドルのCDは、1人のファンによって一気に5~10枚が購入されるという現象が起きています。「握手会」のチケットを付けたり、ファン投票券を同梱するなどで、「CDは1人1枚」という常識を覆したわけです。

小都市の動物園で、大都市以上の来客を実現

 もしもあなたが経営者だとしたら、人が多い大都市の店と人が少ない地方都市の店、どちらが有利だと思いますか? 通常、大都市の方が有利だと思いがちですが、人口40万に満たない北海道の小都市にある動物園は、ある工夫を通じて、東京の有名動物園の月間来園者数を追い抜きました。動物たちのオリやプールの形状を変え、「動物」を見せるのではなく「動物の行動」を見せる展示方法に切り替えたからです。
 前述のCDマーケティング手法にも共通して言えることですが、「モノの見方」を変えれば、売りにくい商品の売り上げを伸ばしたり、立地条件の悪い場所に、多くの来場客を集めたりすることも可能なのです。

「モノの見方」を変えればいろいろなことが変わる

 「モノの見方」を変えることで、どんな可能性が生まれるのかが、経営学の研究テーマの1つです。「売り方(マーケティング)」に関してばかりではなく、経営者や社員の「意識」についても同様です。「勉強しなさい!」と命じられて勉強するのと、自分の目標に向けて自発的に勉強するのと、どちらが頑張れるか、言うまでもないでしょう。
 なぜ業績が伸びないのか、誰が悪いのか、といったネガティブな面ばかり追究するのではなく、この企業にはこんな長所がある、こんな社員もいる、これをどうやって伸ばそうかと、ポジティブに考えることによって、業績が劇的に変わるケースも少なくないのです。

再生スピードを変更できます。

モノの見方が「モノを言う」マーケティング

夢ナビライブ2015 福岡会場

アイコン

POP広告の例を見てみよう

アイコン

旭山動物園が成功したのはなぜ?

アイコン

マーケティングの問題を解いてみよう

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経営学、経営戦略、心理学、脳科学


商学部 経営学科 教授
合力 知工

メッセージ

 店頭に、とてもマズいお菓子が並んでいたとします。並べているだけでは、きっと大量に売れ残ってしまうでしょう。でも、「罰ゲームにピッタリ! 大爆笑間違いナシの衝撃的な味!」といったキャッチコピーを付けて売れば、どうでしょうか?
 普通に考えると売れそうにない商品でも、見方を変え、売り方を工夫すれば、大ヒット商品になるかもしれません。経営学では、「モノの見方」を変えることで、企業経営やマーケティングがどのように変化するかを研究します。あなたも一緒に、「モノの見方」について考えてみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 小学生の頃、スナック菓子のオマケだった変身ヒーローのカードに夢中になり、ありったけのお小遣いで買い集めたものの、商品の「本体」であるお菓子が食べきれなくなり、後悔した経験があります。父が商学関連の研究者だった影響で、「なぜ自分は子どもの頃、あのカードがあれほど欲しくなったのだろう」と論理的に考えるようになり、大学では「商品が売れる理由、会社が利益を出せる理由」について研究するようになりました。「モノの見方」を変えることで、まったく別の世界が広がるのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

広告会社マーケティング/自動車メーカー戦略策定/家電量販店企画/商社生産MD/製薬会社MR/証券会社商品企画/電気通信会社広報/コーチング会社起業/人材育成会社メディア営業

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.