夢ナビWebセレクション

東北文化学園大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 運動学、
  • スポーツ、
  • 生理学、
  • 支援、
  • 臨床医学、
  • 理学療法士(フィジカルセラピスト)、
  • 解剖学

身体に障がいのある人を支援する「理学療法士」

基本動作を取り戻すために

 寝返りしたり、起き上がったり、座ったり、立ったり、歩いたりという、人間の基本動作が困難になった場合、それを取り戻す支援をするのが、理学療法士の主な仕事です。基本動作が困難になるのは先天的な場合と、病気や事故などの後天的な障がいによる場合があります。その症状は人によって異なり、症状の違いによって注意項目が変化します。医師の処方をもとに、理学療法士は検査を行い、対象者の情報を正しく評価し、プログラムを作ります。

基礎医学の習得が不可欠

 対象者の情報を正しく評価するには、解剖学や運動学、生理学といった基礎医学の知識は不可欠です。骨格、筋肉、神経などの体の構造を知らなければ、患者さんの症状を理解することも、回復を必要とする身体的機能を把握することもできません。基礎医学を習得してはじめて、身体運動学や臨床医学へと進むことができます。異なる症状に対応するには、基礎となる知識こそが重要になるのです。
 もちろん技術も必要で、それは経験とともに少しずつ備わっていくという側面もあります。しかし、就労年数にかかわらず、あらゆる事象に対応することが理学療法士には求められます。そのためにも、日々の絶え間ない努力が不可欠です。

ゆっくりきちんと向き合うこと

 また、体のどこが悪くて、どこが使えるのかを見極めるためには、患者さんとゆっくりじっくり向き合い、きちんとコミュニケーションをとることも非常に大事です。自分の思いや感覚をうまく表現できない患者さんもいますし、表面上だけを見て評価してしまうと、治るものも治らなくなってしまいます。表面には表れない、根底にある問題を見出すためにも、患者さんとしっかり向き合う必要があるのです。
 現在、理学療法士は医療や福祉の現場だけでなく、基礎研究や予防医学、プロスポーツの分野にも、そのフィールドを広げています。理学療法士に対するニーズは今後ますます拡大していくでしょう。

再生スピードを変更できます。

リハビリテーションと理学療法士の世界

夢ナビライブ2016 仙台会場

アイコン

理学療法士の臨床へのかかわり

アイコン

理学療法の研究の実例

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 理学療法学、医療福祉学


医療福祉学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 教授
小林 武

メッセージ

 高校生のとき、下宿先に脳性麻痺の息子さんがいました。そこで、理学療法士という仕事を知りましたが、当時の高校の担任の先生は「理学療法士」の仕事をまったく知りませんでした。今から30年ほど前の話です。
 近年、スポーツの場で活躍したいと、理学療法士をめざす人が増えましたが、興味のある人はぜひ、現場を見てから決めてください。参考書などには書かれていない、現場の状況を体感してください。そして覚悟を持って、入ってきてください。あなたを待っています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.