夢ナビWebセレクション

岡山大学 工学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 数学、
  • 計算機、
  • 盗聴、
  • 解読、
  • 暗号、
  • インターネット、
  • スマートフォン、
  • データ

データの「暗号化」がデータ通信を守っています

データを暗号化するって何するの?

 電子マネーやネットショッピング、スマートフォンを使ったメッセージやネットゲームなど、そのデータのやり取りのほとんどは暗号化されています。逆に、暗号化されていないデータは、簡単に盗み見られてしまうのです!
 データを暗号化するということは、読まれたくない人には読ませない、読んで欲しい人にだけ読めるようにするということです。そのようにしたければ、ある規則のもとでデータをごちゃ混ぜにして、どういう風にごちゃ混ぜにしたかを、読んで欲しい人にだけ教えれば良いわけです。

暗号化は簡単にできるの?

 計算機はとても進歩しています。それでも読まれたくない人に解読されないのでしょうか? 現に日本のスーパーコンピューター・京は、たった7カ月で性能のランキングで世界一から2位に脱落しました。データ通信は世界中を巡っています。どういう風にごちゃ混ぜにしたかを、遠く離れたその人にだけこっそり教えることはできるでしょうか。電話はどうでしょう? 盗聴されてないでしょうか? 暗号化では、どれくらい解読されにくいのか、どうやって暗号化の鍵を教えるのかを考えなければいけません。

頑丈な暗号には難しい数学が必要なのです!

 計算機の能力にも負けず、そして遠く離れた人にだけ読めるようにするには、偉大な数学者さえも、簡単に解けないと手を上げてしまう、数学の超難問を活用することになります。一方で、その超難問を使った暗号技術で必要となる計算は、整数の加減乗除算であったりします。中でも、重要な役割を果たしているのが素数です。それって小学校で習った算数レベルってこと? なぜそれで、頑丈で破られない暗号が作れるのか、そして実際にどのようにしたら、電子マネーのような技術にまで繋がるのか、数学を継続して学問し、工学というスパイスと化学反応させると見えてきます。

再生スピードを変更できます。

素朴な数学で作り上げる現代の暗号技術

夢ナビライブ2014 福岡会場

アイコン

離散変数を使った難問にチャレンジ

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 離散数学


工学部 電気通信系学科 准教授
野上 保之

先生の他の講義を見る
メッセージ

 算数・数学が大好きで、算数・数学だけが好きでした。そして工学というものづくりの分野に足を踏み入れ、いまの自分が活躍できています。数学と工学の化学反応の一つが暗号です。自身の興味の一部を、社会に役立てる喜びを、大学という場で一緒に経験しましょう。自身の夢を諦めず、頑張ってください。応援しています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.