夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 文化財、
  • 金属、
  • 微生物、
  • 腐食、
  • 歴史

さまざまな学問の成果で実現されている「文化財保存科学」

さびには「良いさび」と「悪いさび」がある

 過去の人類が残した文化財には、金属材料の中で鉄を使用した道具や装飾品があります。それらの多くは、発見されるときには腐食してさびが生成されています。そこで、鉄でできた文化財を保存するためには、さびの進行をくい止める必要があります。注意しなければならないのは、さびには「良いさび」と「悪いさび」があるということです。「良いさび」とはマグネタイトという物質で、鉄が腐食するのを抑制する働きがあります。さびなのにさびを防止するのです。一方、「悪いさび」はアカガネイトという物質で、こちらは腐食を進行させます。

さびを栄養源とする微生物も存在する

 鉄遺物の腐食原因となるのは、水分や酸素、さらに塩化物などがありますが、これに加えて、土中にはさびを栄養源にする微生物が存在している場合があります。鉄遺物の腐食に対する微生物の影響を調べるためには、遺物が発掘された土壌の含水率、水素イオン濃度(pH)、微生物の生息確認などの情報を取得した上で、総合的な解析が必要です。このような調査をして、発掘したときの重量や形状、寸法などの状態を記録して、遺物が良好な状態で保存できるように保存処理を行います。

文系だけでなく理系分野の知識も集大成

 遺物は、国の歴史、文化、芸術などが融合されて出来上がったものです。保存科学分野では、その遺物を対象にして腐食原因および保存環境を調査するために、化学、物理学、生物学などの自然科学分野の手法を使います。これらを通して得られた成果は、考古学や歴史学を始めとして、文系、理系を問わずさまざまな研究分野に貢献することができます。以上からわかるように、文化財の保存は、文系だけではなく、理系を含めたさまざまな学問分野の知識が集大成されて行われているのです。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 地域環境学、考古学、歴史学


地域学部 地域学科 国際地域文化コース 准教授
李 素妍

メッセージ

 私の専門は文化財の保存科学です。発掘された鉄遺物の微生物腐食や、遺跡の土壌環境を調べることで、最適な遺物の保存方法を研究しています。文化財保存というと限られた目的のように思われるかもしれませんが、実はいろいろな学問分野と関連しています。考古学や歴史学はもちろん、金属腐食、化学反応、土中に含まれる微生物なども研究対象なので、自然科学分野も関連します。さまざまな知識が必要なので、ほかの専門分野から文化財保存に移る人もいます。ぜひ、多くの人に興味を持ってほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 専攻は歴史学で、大学で考古学の講義を聞きながら、冬休みには発掘現場でアルバイトをしていました。その現場で出土された、過去の人類が残した道具や装飾品などの文化財に興味を持ちました。そして、その文化財が「保存科学」という分野によって研究や保存処理が行われるということを、韓国映画の主人公の職業を通して知りました。博物館で保存処理を担当する、映画の主人公の職業にひかれて、日本で勉強したいと思うようになり、その夢を実現させるために日本に留学して保存科学を勉強しました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.