夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 森林、
  • 生態、
  • 保全、
  • 生物多様性

自然林の動態解明、地域の希少種保全を通じて生物多様性をまもる

日本には、原生的自然はない

 現代の日本には原生的な自然は残っておらず、自然林にも何らかの形で人間の手が入っています。特に、西日本に分布する照葉樹の自然林は、ほとんど姿を消しています。東日本に多いブナ林の保全だけでなく、西日本における照葉樹林の保全は重要です。

植物が共存する生物多様性の森とその理解

 宮崎県の綾(あや)町には、数少ない成熟した照葉樹林があり、継続調査している4ヘクタール(200m×200m)は、57種約5000本の樹木が共存する、生物多様性の高い森です。生物は生きていくために周囲と競争します。動物であれば住む場所を変えたり、活動する時間をずらしたり、エサを違えたりして、競争を緩和できます。しかし、植物は動くことができず、必要とする資源も光合成のための光や水など互いに似ています。同じ場所に生えている樹木同士はこれらをめぐって激しく競争しているはずですが、綾の森にこれだけ多くの種類の植物が共存していけるのはなぜでしょう。
 共存できる理由を野外調査から明らかにしようという研究が進められています。例えば、その場所に長い時間居座る寿命の長い樹木と、成長が早く短期間で実をつけ、新しい場所に移っていく樹木といった生活史の違い、光合成など生理的な特性の違い、昆虫や動物との協力関係の違い、台風などかく乱に対する対応力の違いなど、それぞれの種特性の違いにより共存している可能性を探るなど、「共存」という複雑な現象の理解に近づこうとしているのです。

自然と人間とのかかわり方を考える

 より大きな視点から、日本の生物多様性を守るため、自然とどのようにつきあっていくべきでしょうか。綾町の照葉樹林では、人の営みを排除することが保全につながります。これに加えて、日本では人がかかわって維持されてきた、生物多様性の高い身近な半自然の保全が重要です。例えば鳥取砂丘の景観、植生と市民参加の問題、人工林や里山における希少植物の保全についての研究なども重要なテーマになっています。

1.0倍速 1.4倍速

フィールド研究から森の生態を解き明かす

夢ナビライブ2014 名古屋会場

アイコン

照葉樹林が危ない!

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 植物生態学


農学部 生命環境農学科 里地里山環境管理学コース 教授
永松 大

メッセージ

 私の専門は植物生態学です。主に野外で、ブナ林や鳥取砂丘などの生態調査、絶滅のおそれのある野生生物を集めたレッドデータブックに掲載される希少植物の研究をしています。
 生態学は生命現象の疑問への答えとして、その現象を支えるメカニズムとともに、その現象が持つ意義を考える学問です。野外には、解明すべき生命現象がたくさんあり、それを担う人は不足しています。野外で得られる情報を整理し、そこに住む人間を含めた地域のあり方を考えるため、ぜひ一緒に研究しましょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から地図を眺めたり、自然の中で遊ぶことが好きで、大学では競技オリエンテーリングに出会いました。指定されたポイントを回るタイムを競うスポーツで、クロスカントリーに近いイメージです。ただし、クロスカントリーと違い、オリエンテーリングはコースが決まっておらず、地図を見ながら走るコースを自分で選んでいきます。この競技を通じて、走る力はもちろん観察力と地図を読む力を養いました。また、大会で日本中のいろいろな場所を訪れ、山の中の植物の違い、環境の違いに興味を持ったことが現在の研究につながりました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.