夢ナビWebセレクション

鳥取大学 医学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 看護師、
  • 看護、
  • コミュニケーション、
  • 患者、
  • 洞察力、
  • 生活、
  • 観察力

病棟看護師の一日から学ぶ! 看護師に求められるもの

看護師は対象となる人の生活を支える専門職者

 看護師というと、病院で血圧を測ったり採血している姿をイメージしますが、仕事はそれだけではありません。看護師は対象となる人の、その人らしい生活を支える専門職です。時として誰かの心にまで触れることができる仕事だからこそ、感動もあり、日々自己成長できる仕事です。「看護師さんに足湯につけてもらって足が軽くなったからリハビリを頑張る。」といった患者さんの声、「体重を減らすことは難しいけど、看護師さんにコツを教えてもらったから家でもできる自信がついた。」といった患者さんの声などを聞くと、看護師は患者さんの生活を支える大切な仕事をしていることがわかります。

患者さんをよく知ることが大切

 病棟看護師の一日は、患者さんのことを知ることから始まります。カルテや看護記録、チーム間の申し送りで、これまでの患者さんの身体や心、入院生活の様子がどうであったのか、今日の患者さんの一日のスケジュールは何か、など、患者さんに適切な看護を提供するためには、まず患者さんのことを正しく知ることが大切なのです。そして、記録や申し送りのみの情報で患者さんを“知ったふう”になってはいけません。自分の目で観て、耳で聴いて、患者さんに触れて、患者さんに起こっていることを判断した上で患者さんに必要な看護を実践します。

看護師に必要な姿勢や能力

 患者さんが辛そうにしていたら、「よく眠れていますか?」、「どこか調子が悪いですか?」、「 心配されていることがありますか?」と声をかけたり、熱や血圧を測ってみたり、患者さんの身体や心に何が起こっているのか、それがなぜ起こっているのかを判断します。そのために、看護師に必要な能力として、“観察力”や“洞察力”、“コミュニケーション力”などが求められます。そして、実際に患者さんに起きていることを分析し、適切な看護ケアを実践していくためには、高度な専門的知識やスキルが必要とされます。

再生スピードを変更できます。

看護師の一日から学ぶ! 看護学とは何か?

夢ナビライブ2014 大阪会場

アイコン

患者さんとの適切な付き合い方

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 看護学


医学部 保健学科 看護学専攻 准教授
谷村 千華

メッセージ

 看護学に関心のあるあなたに伝えたいことがあります。
 まずなりたい看護師像を明確にしてください。目標を設定すると、夢に向かって努力を惜しまない人に成長できます。二番目に、人から教えてもらう受け身の姿勢では学問は学んでいけません。積極的に学ぶ姿勢を持ってください。最後に、看護の対象となる「人」に関心を注いでほしいと思います。患者さんの身体や心をいちばんよく知っているのは医師や看護師ではなく、患者さん自身です。患者さんのことをよく観て、聴いて患者さんをよく知っていくことが最善の看護につながっていきます。

先生の学問へのきっかけ

 母が看護師で、子どもの頃から看護師という仕事が身近にありました。母が祖母の介護をしている時、祖母が笑顔になっていく姿を見て、「看護師はいい仕事だな」と感じたのです。そして、「患者さんが元気になって帰っていく時が一番うれしい」という母の言葉に感動して看護師をめざしました。
 中学生の頃から看護師になると決め、やがて夢を実現し、患者さんと接しているうちに、患者さんに価値のある変化を起こすためには看護師にどのような能力や知識、スキルが必要なのかをもっと勉強したいと思い研究者の道に進みました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.