夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • チベット、
  • 中国、
  • 歴史、
  • ダライ・ラマ、
  • 国家、
  • モンゴル、
  • 清朝、
  • 皇帝、
  • アジア

18世紀前半、清朝とチベットの関係とは? 

チベットは中国の藩部だった

 18世紀の中国(清)には18の省があり、その外にはチベットをはじめ、モンゴル・新疆(しんきょう)など「藩部」と呼ばれる地域があり、その外側に朝鮮やベトナムなどの朝貢国がありました。
 ただし、18世紀の清は、チベットを直接支配していたのではありません。清にとってさらに重要な地域はモンゴルでした。かつてモンゴル民族が中国を支配していた時代(元)があるからです。モンゴルはチベット仏教を信じていたので、その最高位にあるダライ・ラマをめぐる諸問題の発生はモンゴルの介入を招き、清朝にとって統合を危うくする大問題だったのです。

モンゴルに影響を及ぼすため

 多民族国家である清では、漢民族の皇帝としてだけでなく同時に満州人の首長であり、モンゴル族の「汗(かん)」と呼ばれる最高位であり、チベット仏教の保護者である「大施主(だいせしゅ)」でもあるという顔を同時に持っている必要がありました。これによって多民族国家である清という巨大な国を統合できたのです。中でも清帝国をまとめるために重要だったのが、チベット仏教です。チベットとモンゴルに影響を及ぼすために、清朝皇帝はダライ・ラマと同列に位置していなければなりませんでした。

失われた領土を回復?

 19世紀になるとヨーロッパやアメリカなどの国々が東アジアに押し寄せてきて、清朝もチベットもその対応に追われたので、両国の関係を取り結べなくなっていました。
 20世紀、中国は中華人民共和国となりました。そして1956年にチベットで独立を訴える動乱が起こりましたが、この動乱を人民解放軍が武力で鎮圧し、ダライ・ラマはインドに亡命しました。中国は現在もチベットの支配を続けています。現在の中国政府は歴史を遡ってチベットの支配を正当化しようとしていますが、18世紀前半、清朝とチベットの関係は「近代国民国家」概念とは次元の異なるものであり、それが現在のチベット問題に大きく影響しているわけです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 東洋史学


地域学部 地域学科 国際地域文化コース 准教授
柳 静我

メッセージ

 「世界は広い」ということを頭の中に入れておいてください。グローバル化はどんどん進んでいくでしょう。東アジアにおいても、ひと・もの・かねの移動がますます速くなっています。日本人だから日本で、韓国人だから韓国で仕事するとは限らない時代になっていきます。
 多様な歴史、多様な文化に対応できる素養を身につけるためにアンテナを広げて、外の世界にもっと興味を持ってください。将来の仕事も日本だけに限定せず、もっと広い世界で考えて学んでほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 学問の研究は、一冊の本との出会いから始まりました。それはチベットのダライ・ラマ14世の自伝を韓国語に翻訳した本です。もともと歴史が好きだった私に、友だちが誕生日のプレゼントとして贈ってくれたもので、そこからチベットの問題に興味を持つようになりました。「現在のチベットはどうなっているのだろうか」、「チベットは歴史的にどのような変遷をたどってきたのか」など知りたくなって、現在の研究を始めました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.