夢ナビWebセレクション

大阪府立大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 輸送、
  • エコロジー、
  • 船、
  • タイタニック号、
  • エネルギー、
  • 安全、
  • 転覆、
  • 燃費、
  • 船舶、
  • 運動、
  • 乗り物、
  • 性能

タイタニック号はなぜ沈没したのか~進化を続ける21世紀の大型船~

大型船舶の安全を守る「復原性能」

 どんな船を設計する時でも最も重要な要素の一つが、船が転覆しないようにする「復原性能」です。船は常に波や風の力を受けて運動しながら航行しており、時には突風や高波で船体のバランスを失うことがあります。また、大型船舶になればなるほど、旋回するときに巨大な遠心力が働いて船体が外に傾きます。そうした外からの力で船体が傾いても転覆・沈没しない性能が、船の復原性能なのです。

タイタニック号の安全神話はなぜ崩れたか

 タイタニック号は1900年代初頭の就航当時、復原性能にも自信ありとうたわれた大型客船だったにもかかわらず、なぜいとも簡単に沈没してしまったのでしょうか。タイタニック号の船内は、たとえ浸水しても船全体に一気に海水が流れ込まないように、船体の長手方向に防水隔壁で細かく区分されていました。しかし氷山にぶつかって船首に約90mにわたる長い亀裂が入り、そこから入った海水が次々と防水隔壁を乗り越えて船内に広がりました。そして、ついには船首部分の重みに構造上耐えられなくなり折れてしまったのです。タイタニック号の場合は、垂直方向の仕切り壁はあっても水平方向の「フタ」がなかったという防水隔壁の構造も沈没の要因の一つとなりました。そうした教訓が生かされ、今の大型船舶はきちんと水平方向にも隔壁が設けられています。

究極にエコな乗り物をめざして

 時は過ぎ21世紀に入り、大型船舶の復原性能は高いレベルまで向上しました。現在は燃費削減が重要課題です。帆を付けて風の力を利用し少しでもエンジンの負担を軽くしようとするものや、船底に造った溝に空気の膜をつくり、海水と船底との摩擦を減らして進みやすくするなどの研究が進められています。船はもともと、同じ重さのものを同じ距離運ぶのなら最もエネルギーを使わないですむ、大変エコな輸送手段です。もともと使わないエネルギーをもっと減らすのは簡単なことではありませんが、安全で地球にやさしい大型船舶は、今もさらなる進化を遂げつつあるのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 船舶海洋工学、流体力学、振動学


工学域 機械系学類 教授
片山 徹

先生の他の講義を見る
メッセージ

 海洋システム工学は、地球をめぐるシステムの重要な要素である海洋と、人間や社会活動との関わり方を探る学問です。海の社会である「海洋環境」は、造船、法律、物流、保安など、さまざまな分野が集まって形成されています。
 船を1隻造って航行させるには、工学的な知識だけでなく、海の社会全体を理解することが必要です。もちろん乗り物が好き、船が好きな人には、とても楽しい学問分野となるでしょう。豊かな海洋資源と人類社会の活動のバランスを考えながら、未来につながる研究を共にめざしましょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃、テレビで自動車の番組を見て、「速い車ってカッコいいなー、あんな車を自分で作ってみたいな」と思ったのが乗り物好きになるきっかけでした。成長とともに乗り物好きが高じ、高校に入学すると16歳ですぐに原付バイクの免許を取って、さらに乗り物の魅力にひかれていきました。大学で乗り物のメカニズムを勉強したいという夢を持つようになりましたが、当時はまだ自動車の研究ができる大学は少なく、飛行機を学んでも国内で造っているところもない時代で、「よし!それなら思い切って船だ!」と船舶工学を選びました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

重工業、造船、鋼鉄、電気、精密、情報関連、海事、運輸、公務員、中学校教諭、高等学校教諭

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.