夢ナビWebセレクション

鳥取大学 地域学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 生活、
  • アメリカ、
  • コミュニティ、
  • キリスト教、
  • 教育、
  • 世界

アメリカには、いまも馬車を使って生活している人たちがいる

電気も電話も使わない

 アメリカには「アナバブティスト」と呼ばれる人たちがいます。電気や電話、自動車をほとんど使わず、今でも馬車で移動しています。「アーミッシュ」や「メノナイト」といったいくつかのグループがあり、コミュニティとして生活していますが戒律はそれぞれに違います。

コミュニティの中で生きるか、外で生きるか

 アナバブティストは日本語では「キリスト教再洗礼派」と呼ばれています。もともとがキリスト教の幼児洗礼に反対したグループで、現在でも一定の年齢に達した時点でアナバブティストになるかどうかを自分で選択します。もしならないと決めればコミュニティから出ていかなければなりません。しかしほとんどの人がアナバブティストとして生きていくことを選んでいます。その理由のひとつとして考えられるのが教育です。
 彼らはコミュニティの中の学校に通います。しかし中学校ぐらいの年齢までしか教育が施されていないので、資格を取ることもできないので「外の世界」で生きていくのは難しいのが現実です。

コミュニティの結束を守る

 少し前までは「古きよき時代」の生活をしている彼らは人気がありましたが、現在ではコミュニティ内のことがなかなかわからないので犯罪の温床になっているのではないかと疑う人もいます。
 かつては農業による自給自足の暮らしをしていましたが、現在では大工や自動車整備などをして生活している人や、お店を経営している人もいます。もちろんコミュニティ以外の人が買うこともでき、一般の人たちとの交流もあります。
 しかし、自動車を使わないのは、遠くへ行くとショッピングセンターなどで買い物ができるのでコミュニティ内の商店で買い物をしなくなることが理由のひとつです。また電話がないのは人との直接の会話がなくなるからです。もし戒律に違反すると、コミュニティの人と一緒に食事ができなくなるなどの罰が課せられます。彼らが最も大切にしているのはコミュニティの結束なのです。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも アメリカ研究学、人類学


地域学部 地域学科 国際地域文化コース 准教授
中 朋美

メッセージ

 「地域学部」というと、地元のことを学ぶのかと思われるかもしれません。
 それもいいのですが、そこにプラスして「地域」というものが自然にあるのではなく、社会的歴史的背景があって形成されてきたことを研究しています。ゼミではアメリカの中の地域のつながりや、多文化での対立や共生について考えていきます。地域を内から、外から見る学問です。また世界的な企業と地域との関わりについても研究しています。ダイナミックで多様な地域の姿を社会、経済、政治と関連させて考えていければと思っています。

先生の学問へのきっかけ

 電気や電話をほとんど使わず、馬車を移動手段にしているアナバブティストの人たちに興味を持ったのは、大学時代、交換留学生としてアメリカにいた時のことでした。
 買い物に行った近くのショッピングセンターで馬車に乗った人を見かけたのです。「いったいどんな人なのだろう?」と、現地の人にいろいろ質問したり調べたりしているうちに、現在のアメリカ研究につながりました。当時は法学部に在籍していたのですが、アメリカへ行くという行動力と、偶然見かけた人たちが研究の道へ進むきっかけとなりました。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.